フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 手帳6 (4) | トップページ | 聴診器   梅崎春生 »

2016/09/30

諸國百物語卷之二 十九 森の美作殿屋敷の池にばけ物すみし事

     十九 森(もり)の美作(みまさか)殿屋敷の池にばけ物すみし事

 

 森美作どの屋しきのうらに、ちいさき堀あり。その堀のうちより、ちいさき兒、いづる事もあり。又、女のかづきをきたるが、あなたこなたと、あるく事も有り。あるとき、美作どの、近習(きんしう)のしうをあつめ、夜ばなしをなされけるに、ざしきのまわりを、女、かみをさけ、二人づれにて、あなたこなたを、あるきけるかげ、ざしきのかべに、うつりてみへければ、美作どの、ふしぎにおぼしめし、ざしきのうちをたてまはし、すみずみまで、さぶらひどもに、さがさせ、御らんなされ候へども、なに物も、なし。たゞかげばかり、あなたこたなとするが、みな人のめに、みへけると也。それより一年ほどすぎて、殿も御死去なされけると也。

 

[やぶちゃん注:「森(もり)の美作(みまさか)殿」一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注「江戸怪談集 下」の脚注に『森長一の子で、美作守となった、森美作守忠政であろう』と記す。ただ、この『森長一の子』というのは不審で、森長一(ながかず)というのは森長可(ながよし)の別名であり、彼は忠政の父ではなく兄である(長可は織田信長に仕えて武田攻略に功を立てて信濃川中島城主となり、北信四郡を領し、本能寺の変後は豊臣秀吉に従って天正一二(一五八四)年の小牧・長久手の戦いで戦死している。彼のすぐ下の弟は、かの森蘭丸である)。森忠政(元亀元(一五七〇)年~寛永一一(一六三四)年)は森可成の六男で豊臣秀吉に仕えた。天正一二(一五八四)年に兄長可の遺領美濃国(岐阜県)金山城七万石を継ぎ、同十五年二月六日には従四位下・侍従に叙任、羽柴姓を授けられ、文禄元(一五九二)年には肥前名護屋城の警護に当たった。秀吉死後は徳川家康に仕え、慶長五(一六〇〇)年二月、信濃更科・水内・埴科・高井四郡に移封、海津城主となり十三万七千五百石を領した。同年の関ケ原の戦では、徳川方東軍に属し、所領を安堵された。同八年、美作津山に移封、藩祖となって十八万六千石余を領したが、第三代将軍徳川家光の上洛に際し、京都に赴いた際、食事が原因で急死した(以上は「朝日日本歴史人物事典」に拠った)。ウィキの「森忠政」によれば、死因は桃に当たった食中毒とするが、何か、怪しいぞ!

「ちいさき兒」児童・乳児の幽霊というのは、多くは出現する理由を自ら語ることが出来ない点に於いて、怪談最強の登場人物と言える。子どもの霊の出る怪談はマジ、キョワい!!!

「かづき」既注であるが、再掲しておく。「被き」或いは「被衣」と漢字表記する。身分ある女性などが外出の際に顔を隠すために頭から被った衣服。後に「かつぎ」とも言った。

「近習(きんしう)」主君の側(そば)近くに仕える選りすぐりの者。

「しう」「衆」。

「かみをさけ」当初は「髮を裂け」と読んだが、表記もおかしく、そもそもが壁に映る影であるのに、裂けたようなざんばら髮というのは、これ、表現上も視覚上も無理があることに気づいた。そこで、先の「江戸怪談集 下」の本文を見ると、「髪を下げ」とあることに気づいた。これでとる。

「たてまはし」「立て𢌞し」。各座敷の中に、それぞれ近習の侍どもを立たせて(見逃すことが出来ないように配置し)。

「それより一年ほどすぎて、殿も御死去なされけると也」ということは、この二人の女の影だけの怪事件は寛永一〇(一六三三)年のことだったことになる。]

« 芥川龍之介 手帳6 (4) | トップページ | 聴診器   梅崎春生 »