フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之二 44 松平越州、世子のとき識鑑の事 | トップページ | 佐野花子「芥川龍之介の思い出」 附やぶちゃん注 (六)~その2 »

2016/11/08

諸國百物語卷之四 十九 龍宮の乙姫五十嵐平右衞門が子にしう心せし事

     十九 龍宮の乙姫(をとひめ)五十嵐平右衞門(いがらしへいゑもん)が子にしう心せし事

Otohimesyusui

 元久のころ、上坂本(かみさかもと)に五十嵐平右衞門と云ふらうにん、有りけるが、一人の男子を、もちけり。この子、かたちすぐれてうつくしかりければ、みな人、しうしんをかけ、なにかと出入り有りけるを、親も、きのどくにおもひ、ゑいざんへのぼせ、がくもんさせをきけるが、あるとき、里へさがり、氣ばらしにとて、から崎へ行き、ひとつ松の下にあそびゐければ、いづくともなく、十五、六なるうつくしきむすめ一人きたりて、かの若衆にむかつて、

「御身はいづくの人にてましますぞ。われは此あたりのものにて候ふが、いつも此松のもとにきたりあそび申す也。あの北よりいづる舟を、これへよりて見給へ」

とて、いざなひゆく。若衆もなに心なく、ともなひゆきければ、うみばたにて、かのむすめ、若衆の袖にすがりつくかとみへしが、たちまち、大じやとなり、若衆を七まとい、まとい、うみへとびいりしが、にわかにそらかきくもり、大雨、しきりにふりて、あとしらなみとなりけるとぞ。

 

[やぶちゃん注:挿絵の右上のキャプションは「龍宮の乙姫しう心の事」。琵琶湖には龍宮ン伝承が存在し、藤原秀郷が瀬田の唐橋で龍宮の者から救けを乞われ、大百足を退治したという伝説があり、瀬田橋直近(瀬田川左岸)には瀬田橋龍宮と秀郷社が現存する。
 
「五十嵐平右衞門」不詳。

「しう心」「執心」。

「元久」一二〇四年から一二〇六年で、鎌倉時代と、設定が、えらい古い。天皇は土御門天皇(但し、後鳥羽上皇の院政期)、幕府は第三代将軍源実朝で執権北条義時の治世。

「上坂本(かみさかもと)」現在の滋賀県大津市坂本本町。延暦寺及び日吉大社の門前町として栄えた地域である。

「らうにん」「浪人」。

「出入り」一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注「江戸怪談集 下」の脚注では、『思いをかけた男たちとの悶着』と記す。確かに直後で(一部を漢字化する)「親も、氣の毒に思ひ、叡山へ登せ、學問させ置きける」というのは、そうした若衆道の関係を強く感じさせはする(「出入り」とはこの場合、「争い事・もめ事・喧嘩」の意であるからで、女の妬心でそうならぬわけではないが、親が危惧するほどのそれは衆道関連の方が自然ではある)。また、後半で竜女(乙姫という設定)に魅入られるためには、女を知らぬが、よい。でなければ、ならぬ。高田氏の注を全面的に支持する。

「から崎」「辛崎」。滋賀県大津市北西部の琵琶湖岸の地名。唐崎神社があり、「近江八景」の一つ「唐崎夜雨」で知られる歌枕であるが、また同じ「近江八景」の、同じく歌枕である「唐崎の一つ松」(直後に出る「ひとつ松」)でも有名。

「これへ」こちら(私の居るところ)へ。

「うみばた」「湖畔(うみばた)」。琵琶湖湖畔。

「七まとい、まとい」七重(ななえ)に纏い。

「あとしらなみとなりけるとぞ」「後、白波となりにけるとぞ」。能のコーダのようで、よい。]

« 甲子夜話卷之二 44 松平越州、世子のとき識鑑の事 | トップページ | 佐野花子「芥川龍之介の思い出」 附やぶちゃん注 (六)~その2 »