フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« やぶちゃん版「澄江堂遺珠」関係原資料集成Ⅴ ■5 現在知られる芥川龍之介の詩歌及び手帳並びに未定稿断片の内に於いて「澄江堂遺珠」との親和性が極めて強いと私が判断するもの(1) | トップページ | (はじめての薔薇が眼ざめた。)    リルケ 茅野蕭々譯 »

2016/12/25

(この村に最後の家が立つてゐる。)    リルケ 茅野蕭々譯

 

 (この村に最後の家が立つてゐる。)

           リルケ 茅野蕭々譯

 

この村に最後の家が立つてゐる。

地の果ての家のやうに寂しく。

 

小さい村が止めない街路は

靜に闇へ出てゆく。

 

この小村はただ二つの廣いものの

過渡だ。予知多く又氣づかはしく

小橋の代りに家々の傍を過ぎてゆく路。

 

かうして村を出る人々は長く彷徨ひ、

途上に死ぬものも多からう。

 

 

[やぶちゃん注:「止めない」は「とどめない」と訓じたい。「街路」を「小さい村」は「止」(とど)「めない」=「遮り遮断することをしない」のである。だからこそ、その「街路」は「靜」かに「闇へ」と向かって延び「出」(い)でて「ゆく」のである。]

« やぶちゃん版「澄江堂遺珠」関係原資料集成Ⅴ ■5 現在知られる芥川龍之介の詩歌及び手帳並びに未定稿断片の内に於いて「澄江堂遺珠」との親和性が極めて強いと私が判断するもの(1) | トップページ | (はじめての薔薇が眼ざめた。)    リルケ 茅野蕭々譯 »