フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 騷擾   山村暮鳥 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「空を飛ぶ話」(2) »

2017/03/17

AT HER GRAVE   山村暮鳥

 

AT HER GRAVE

 

樹の上の

鴉(からす)、鳴かず、

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。

 

縷(いと)の如く、もつれて咽ぶ死の讃美に

淡い勞疲(つかれ)のかがやく時、

會葬者(ひとびと)はただ一つの事をわすれてゐる。

 

冬にして黃(きいろ)い午後、

梢に鴉がとまつてゐる。

柔かい肌のやうな夕となるも遠からず、

梟は眼をしばたたき、草は冷え、女等は

さすがに受胎をおもはず‥‥

かしこに小さい穴がある。

 

あはれ、怖しき土の匂ひは、にしきゑの

影の秘密を知らないで、

何の反抗も處女なれば、

そして欺かれて眠つたのは

十字架に聖(きよ)くゆるせし瑪瑙の靈魂

 

その穴のふかさよ、

その穴の周圍は次第に暗くなる、

梢に鴉がとまつてゐる。

 

現世ばかりは悲しみの、一日の疲勞の

後の

此の心地よさを何としやう?

さびしくかくれて泪に浮ぶ微笑の

此の愛の暗示を誰かは知る?

 

[やぶちゃん注:第一連の長いリーダの数は二十四。三点リーダでは詰ってしまって原典のイメージと大きく異なるので二点リーダを繫げた。「讃美」の「讃」は底本の用字。――二日後の母「聖子テレジア」の七回忌に――この詩を捧げる――藪野直史――

 

« 騷擾   山村暮鳥 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「空を飛ぶ話」(2) »