フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小曲   山村暮鳥 | トップページ | 銘   山村暮鳥 »

2017/03/18

NOCTURN   山村暮鳥

 

NOCTURN

 

  *

 

海の如く

海よりも瞳は靑し。

女の「幸(さち)」ぞかなしけれ、

うつくしきものは煙の如し

わが夢の悩める。

 

  *

 

夕月はわたしを泣かせ、

はつ戀は君を歌はす、

たよりなし、

凌霄花(のうぜんかつら)の蔓にかかれる

その花。

 

  *

 

あちらこちらの靑い空、

わが心の瀦(みづたまり)には

小さな光の渦がまく、

(空こそは君の面なれ)

水すましに近づく死期よ。

 

[やぶちゃん注:「NOCTURN」もしこれが「夜想曲」(ノクターン)の意で標記されているなら私は暮鳥は「NOCTURNE」と表記すると、遅まき乍ら、今頃になって私は気づいた。これはローマカトリックで聖務日課の中の朝課の一つとする「宵課(しょうか)」「夜課」のことであった。九つの詩編と三つ又は九つの読唱から成り、夜半と午前三時とに行われると辞書にある。

「凌霄花(のうぜんかつら)」シソ目ノウゼンカズラ科タチノウゼン連ノウゼンカズラ属ノウゼンカズラ Campsis grandifloraウィキの「ノウゼンカズラによれば、『枝先に円錐花序を萌出し、直径』六~七センチメートルの『橙黄色の花を対生する』。『花房は垂下し』、『花冠は広い漏斗型で、先端は』五裂して『平開する』。『花は暖地では晩夏から秋にかけ大量に形成され』、『落花すると、蜜がたれ周りを湿らすほど。その蜜にメジロや蜂が集まってくる』とあり、また『漢名の凌霄花は「霄(そら)を凌ぐ花」の意で、高いところに攀じ登ることによる命名』で、『漢詩では他物に絡むため愛の象徴となる』と記す。

「水すまし」先行する光」にも出たが、思うに山村暮鳥には、幼少期、ミズスマシに纏わる何らかの隠蔽された心傷体験(トラウマ)があるように私には思われる。]

 

« 小曲   山村暮鳥 | トップページ | 銘   山村暮鳥 »