フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 午後   山村暮鳥 | トップページ | 劇場にて   山村暮鳥 »

2017/03/18

秋の日の事實   山村暮鳥 / 詩集「三人の處女」~了

 

秋の日の事實

 

  Ⅰ 噴水

 

――譬喩(たとえ)は、悲し。

秋の日の、

噴水の、

やすらかに眠れる。

こしからに

搖げるは

ひめにし「幸(さち)」か、

いたまし。

 

玉の如く、

なやむ心の

さてこそ、

脆き、その夢。

 

[やぶちゃん注:ルビ「たとえ」はママ。]

 

 

 

  Ⅱ 所現

 

その眼にとめた

空は餘(あまり)に悲しかろ、

そして小(ち)さかろ、

赤とんぼ。

 

秋の入日の

うつくしや、心の如し。

 

[やぶちゃん注:「所現」は仏教用語ならば「唯心所現(ゆいしんしょげん)」或いは「三界(さんがい)唯心所現」で、三界(欲界・色(しき)界・無色(むしき)界から成る自己を存在させている喜怒哀楽を現象とする全現実世界総体)は実はその総てが、ただ自分自身の心の現われとして立ち現われて見えているに過ぎないとする考え方を指す。暮鳥はキリスト者であるが、そうした意味でここでもこれを使っていると考えて私はよいと考える。]

 

 

 

  Ⅲ 屋根の草

 

靑い心にかがやくものは屋根の草、

いとしや「明日(あした)」を繰返し

又雨のひそひそと‥‥

屋根の草は黃(きいろ)い花をつけて濡れ、

わが神經は白金(プラチナ)の樣に眠る。

女よ、女よ。愛はおぼれて暗がりを螢の樣に

ぽうと飛ぶ。

 

[やぶちゃん注:六行目は「螢の樣に」が改行されているが、これは一字下げが施されてあって明白に前行からの続きであることが示されているものであり、かく繋げて示した。]

 

 

 

  Ⅳ 不可解

 

ながれ行く――

雲はかなしや――

音のなし …

秋の日の

その雲――

わが愛の如き

もろさに――

ふく風の、うつくし‥

 

[やぶちゃん注:ダッシュも印刷が擦れて断続しており(それは再現していない)、リーダも非常に不鮮明でドット数を確定出来ない。素直に考えれば三行目も最終行も二点リーダの四ドットとすればよいのであろうが、取り敢えず二本の初版を拡大してもこれしか視認は出来ない。

 なお、本詩篇を以って詩集「三人の處女」の本文は終了している。この後に初版では目次があるが、省略した。]

« 午後   山村暮鳥 | トップページ | 劇場にて   山村暮鳥 »