フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 星   山村暮鳥 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「地中の別境」(1) »

2017/03/28

聖母子涅槃像   山村暮鳥

 

       聖母子涅槃像

 

ごろりと家畜のやうにころがつて

むねもあらはに

つきだされた乳房

それにすひついてゐるあかんぼ

あついあつい晝日中

靜穩(しづか)なしづかな疊の上

そしてこゝにも

蚤がをり

蠅がをり

けれどいゝこゑの蟲がをり

窓ぎはにゆれてゐるのは

矮(せびく)の規那鐵葡萄酒の

空罎にさゝれてさいてる石竹の花である

からりとあけはなたれた座敷

蒼空のやうなさはやかさ

ぐつたりと寢ころんでゐる母とその子のまうへをはしり

つゝとはしり

つゝと座敷をつきぬけてゆく

一匹の麥稈とんぼ

あついあついといつてゐるまに

もういつか秋ぐちである

 

[やぶちゃん注:「矮(せびく)」背が低いこと。ごく矮小な葡萄酒瓶なのである。

「規那鐵葡萄酒」「キナてつぶだうしゆ」と読む。に、『明治四十年代には、「人参規那葡萄酒」ないし「規那鉄葡萄酒」と呼ばれる薬用酒が流行した。これは滋養強壮の目的のものであり、この「人参」とは朝鮮人参、「規那」とはアカネ科の常緑高木キナの樹皮から採れる「キニーネ」、そして「鉄」とは貧血に効くという鉄分を指している。このびんは明治三十九年に創業した星製薬のものであ』るとあり、でその罎が見られる。この瓶は大正八(一九一九)年のものであるから(のデータ)、本詩集の発刊年(大正一〇(一九二一)年)の直近で、このリンク先の画像の左側の著しく背の低い座りのよい罎に石竹(ナデシコ目ナデシコ科ナデシコ属セキチク Dianthus chinensi)を挿してイメージしてよいように私は思われる。

「麥稈とんぼ」「むぎわらとんぼ」で「麥藁蜻蛉」、所謂、「塩辛蜻蛉」(トンボ目トンボ科ヨツボシトンボ亜科シオカラトンボ属シオカラトンボ亜種(日本産)Orthetrum albistylum speciosum)のこと。]

« 星   山村暮鳥 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「地中の別境」(1) »