フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 農夫の詩   山村暮鳥 | トップページ | 姙婦を頌する詩   山村暮鳥 »

2017/03/27

人間の詩   山村暮鳥

 

  人間の詩

 

ぼくは人間がすきだ

人間であれ

それでいい

それだけでいい

いいではないか

 

ぼくは人間が好きだ

人間であれ

此の目

此の耳

此の口

此の鼻

此の手と足と

何といはうか此の立派さ

 

頭上(づじやう)に大きな蒼天をいただき

二本の脚で大地をふみしめ

樹木のやうにその上につつ立つ人間

牛のやうな步行者

蜻蛉(とんぼ)のやうな空中の滑走者

 

此の人間をおもへ

此の世のはじめ

まだ創造のあしたであつた時を想像してみろ

そこに何があつたか

茫漠としてはてなき荒野

おなじやうな其上の空

その空の太陽

それをみつけたのは人間だ

みんな人間が發見(みつ)けたのだ

みんな人間のものだ

 

翼あるもの

鰭あるもの

すべての匍ふもの

すべての草木

すべてのものを愛し

すべてのものに美(よ)き名をあたへた人間

 

一切の價値

一切の意義

一切の法則

一切は人間のさだめたところによつて存在するのだ

人間あつての世界でないか

人間を信ぜよ

此の偉大なる人間を

大地が地上に押しだした生(いのち)の子ども

 

人間であれ

人間を信ぜよ

鐵のやうな人間の意志を

けだもののやうな人間の愛を

そして神神のやうな人間の自由を

ああ人間はいい

 

空氣と水と穀物と

それから日光と

そこで繁殖する人間だ

そこで人間は大きくなるのだ

そこで人間はつよくなるのだ

ああ人間はいい

 

此の人間は生きてゐる

此の人間は生きんとする

人間であれ

人間であることを思へ

 

人間はいい

ぼくは人間が好きだ

ぼくが一ばん好きなのは何とゆつても人間だ

人間であれ

人間であれ

人間であれ

人間であれ

 

此の人間はどこからきた

此の人間はどこへ行く

それがなんだ

そんなことはどうでもいい

よくみろ

而して思へ

どんな世界を新しく此の人間がつくりいだすか

どんな時代を新しく此の人間がつくりいだすか

どんな大きな信念を

どんな大きな思想を

どんな大きな藝術を

此の人間が生みいだすか

 

人間をみろ

人間をみろ

よくみろ

目をすゑてみろ、太陽

永遠を一瞬間に生きる人間

汝の愛(いつく)しむもの

神神も照覽あれ

此の生きてゐる人間を

 

[やぶちゃん注:「ゆつても」はママ。]

 

« 農夫の詩   山村暮鳥 | トップページ | 姙婦を頌する詩   山村暮鳥 »