フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 朝餉の食卓   山村暮鳥 | トップページ | 春   山村暮鳥 »

2017/03/31

遠いふるさと   山村暮鳥

 

  遠いふるさと

 

遠いふるさとの

その初冬をおもひだして

自分は郊外にきてみた

 

父のふるさとがどちらにあるのか

そのゆくさきざきでうまれる子ども達は

その方角さへも知らないのだ

その子どもたちにも

そちらの雪の山々でもみせようと

郊外につれだつてきてみた

 

けれど もうとつぷりと

夕靄がたちこめてゐて

なんにもみえない

 

ひろびろとした麥畠にでて

自分達のみたのは

さびしい電線のはりがねと

曲りくねつた田舍道

そのうへをとほく

おもちやのやうな人力車が一つはしつてゆく

ただ、それだけ

 

そんなものをみにきたのではなかつた

だが、さうしたものでもみてゐると

はるかに

はるかに

その廣い郊外のはてに

山々を越えたあちらに

いまもむかしのやうに、はやくも

雪で純白(まつしろ)にうづもれてゐるであらう

自分のふるさとがあり

自分を手招いてゐるのであつた

 

[やぶちゃん注:彌生書房版全詩集では以下のように第二連と第三連が繋がっており、全体が四連構成となってしまっている。初版は左ページ内ではっきりと連が切れている。

   *

 

  遠いふるさと

 

遠いふるさとの

その初冬をおもひだして

自分は郊外にきてみた

 

父のふるさとがどちらにあるのか

そのゆくさきざきでうまれる子ども達は

その方角さへも知らないのだ

その子どもたちにも

そちらの雪の山々でもみせようと

郊外につれだつてきてみた

けれど もうとつぷりと

夕靄がたちこめてゐて

なんにもみえない

 

ひろびろとした麥畠にでて

自分達のみたのは

さびしい電線のはりがねと

曲りくねつた田舍道

そのうへをとほく

おもちやのやうな人力車が一つはしつてゆく

ただ、それだけ

 

そんなものをみにきたのではなかつた

だが、さうしたものでもみてゐると

はるかに

はるかに

その廣い郊外のはてに

山々を越えたあちらに

いまもむかしのやうに、はやくも

雪で純白(まつしろ)にうづもれてゐるであらう

自分のふるさとがあり

自分を手招いてゐるのであつた

 

   *]

« 朝餉の食卓   山村暮鳥 | トップページ | 春   山村暮鳥 »