フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« すけつち   山村暮鳥 | トップページ | NOCTURN   山村暮鳥 »

2017/03/18

小曲   山村暮鳥

 

 

 

小曲

 

  1

 

秋の日ざしのしづかなる

とほく眼瞼(まぶた)に浮ぶもの、

うすら光のうるほひ、

うつくしき心の上に、

我は聽く

赤き蜻蛉(とんぼ)のなげきを‥‥

 

 

 

  2

 

 And―you will count before your glass, more kisses

 than the lily has. (Baudelaire)

 

悲みは凡、純白(ましろ)し、

殊に、をんなの頸(うなじ)をいたはり

その頸に匂ひ玉。

 

煩惱のくもりぞ知る、

――明日(あした)を。

その頸の玉ぞ知る、

甲斐なきものと、心を。

 

[やぶちゃん注:冒頭の引用はシャルル=ピエール・ボードレール(Charles-Pierre Baudelaire 一八二一年~一八六七年)の名篇「悪の華」(Fleurs du Mal)所収(再版では新たに部立てされた「パリ描画」詩群(Tableaux parisiens)へ移行された)のÀ une mendiante rousse(「一人の赤毛の物乞い娘に」)の一節(第十二連前半部)の英訳。昭和二八(一九五三)新潮文庫刊堀口大學訳「悪の華」の註によれば、この詩はボードレールの最初期の詩の一つとされ、一説に一八四二年(作者満二十二歳)まで遡るとされる。モデルの女性はギターを弾いてパリ市中を唄い歩いた乞食の辻音楽師の乙女で当時の画家や詩人らが大きな関心を持った変わった存在の少女であった。この英訳は、英文サイトのこちらの同詩篇全訳のそことほぼ一致しており(ダッシュはない)、これは恐らくアメリカの詩人ジェームス・ハネカー(James Gibbons Huneker 一八五七年~一九二一年)の英訳からの引用と推察される。但し、原詩の当該章は、

 

Tu compterais dans tes lits

Plus de baisers que de lis

Et rangerais sous tes lois

Plus d'un Valois!

 

で、例えば先の堀口大學訳(「パリ描景」の「八八 赭毛の乞食娘に」で見ても、

 

蝶の接吻身に受ける百合の花より數多く、

臥床(ふしど)のそなたは、接吻されて

王者いくたり、

   わが意のままに從(したが)はず!

 

とあって、英訳は原詩のニュアンスを伝えているとは言えない

「凡」「およそ」。]

 

 

 

  3

 

わが庭の入日よ、

冬近き樹(き)々の葉、

冬近きまぶたに

はらはらと搖らぎつ、

ちりゆくは過ぎし日、

梢なる心の

しのびかに悲しむ。

 

« すけつち   山村暮鳥 | トップページ | NOCTURN   山村暮鳥 »