フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 人間苦   山村暮鳥 | トップページ | 一日のはじめに於て   山村暮鳥 »

2017/03/27

わたしたちの小さな畑のこと   山村暮鳥

 

  わたしたちの小さな畑のこと

 

すこし強い雨でもふりだすと

雀らにかくしてかけた土の下から

種子(たね)はすぐにもとびだしさうであつた

私達はそれをどんなに心配したか

そしてその種子をどんなに愛してゐたことか

それがいつのまにやら

地面の中でしつかりと根をはり

靑空をめがけて可愛いい芽をふき

こうして庭の隅つこの小さな畑ででも

其の芽がだんだん莖となり葉となりました

それらの中の或るものなどは

たちまちながくするすると

人間ならば手のやうな蔓さへ伸ばしはじめた

それではじめて隱元豆だとしれました

昨日(きのふ)夕方榾木をそれに立ててやつたら

今朝(けさ)はもう、さもうれしさうにどれにもこれにもからみついてゐるではありませんか

此の外に、蜀黍(とうもろこし)と胡瓜(きうり)と

數種の秋のはなぐさがあります

どれもこれも此の小さな畑のなかで滿足しきつてそだつてゐます

そしてそれらの上に太陽は光をかけ

太陽のひかりは小さな畑から

あたり一めんにあふれてをります

 

[やぶちゃん注:「こうして」及び「蜀黍(とうもろこし)」のルビはママ。

「榾木」「ほたぎ」或いは「ほだぎ」(これで「ほた」「ほだ」と読ませている可能性もなくはないが、ルビがない以上、それは採らない。私は個人的には「木」が附されているものは「ほだぎ」と濁音で読むのを常としている。元来は囲炉裏や竈(かまど)で焚く薪(たきぎ)のことで、掘り起こした木の根や樹木の切れ端を用いる。ここはそれをインゲンマメを支えるための添え木としたのである。]

 

« 人間苦   山村暮鳥 | トップページ | 一日のはじめに於て   山村暮鳥 »