フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春   山村暮鳥 | トップページ | 山村暮鳥詩集「土の精神」についての電子化方針の変更について »

2017/03/31

季節をつげる漁婦達   山村暮鳥

 

  季節をつげる漁婦達

 

はるだ

はるだ

なんといつても

もうはるだ

萬物の季節だ

 

まだ波はたかいけれど

もつともつとこれより

いくばいもいくばいもたかかつた

あのなみのそこから

そのとほくから

春は

いつのまにか

渚近くおくられて來てゐた

 

御覽、このみどりのうつくしい

いきいきとよみがへつたいのちのいろ

なめらかな磯岩の肌を

汐のひきさしに

ちらちらみえるその肌を

 

御覽、これがあのおそろしい

あれくるふなみとたたかひ

なみをかみ

よるとなく

またひるとなく

險惡な空をにらみつけ

それこそけだもののむれのやうに

山々に反響する

あの咆哮をつづけてゐた磯岩だらうか

あの黑々とまるで鐵糞の塊のやうにみえてゐた磯岩だらうか

 

おほきな磯岩

ちひさな磯岩

海底ふかくかくれてゐるもの

頭をちよつぴりだしてゐるもの

そこそこ

蟹、貝、ゑび、たこ、雜魚らの善い巣だ

 

いくつもいくつもある

たくさんの

どれもこれもおほかた

それぞれの名まへをもつてゐる磯岩

遠いとほい

だれもしらないおほむかしからの

ふるいふるい名まへを

一つづつもつてゐる磯岩

 

はるだ

はるだ

萬物の季節だ

なんといつても

もう春だ

 

ああ、そのはるが

磯岩にもかうしてきたのだ

いや、そこからして此の世のはるははじまるといふものだ

 

御覽、くるりと白いお臀をむきだし

なみの飛沫に

そのお臀までぬらして

その磯岩のあひだをあちこちと

女房達があさりめぐつてゐるではないか

海苔をとり

また鬚ほどの

松藻を採つてゐるのだ

 

おうい、漁夫の女房達よ

おまへたちこそ

自分達貧乏人のあひだにあつては

ほんとにはるのさきがけの

季節をつげる

海のをんなの神樣なんだ

 

[やぶちゃん注:「そこそこ」の後半は原典では踊り字「〱」。彌生書房版全詩集版はここは踊り字を用いていない正字表記である。

「鐵糞」「かなくそ」。鉄を焼いて打ち鍛える際に飛び落ちる滓(かす)、スラグ(slag)のこと。

「松藻」不等毛植物門褐藻綱イソガワラ目イソガワラ科マツモ Analipus japonicus。海産食用藻類として知られ、犬吠埼以北の太平洋岸で採取され、旬は冬から春。

 彌生書房版全詩集版。「そこそこ」の部分は前注参照のこと。

   *

 

  季節をつげる漁婦達

 

はるだ

はるだ

なんといつても

もうはるだ

萬物の季節だ

 

まだ波はたかいけれど

もつともつとこれより

いくばいもいくばいもたかゝつた

あのなみのそこから

そのとほくから

春は

いつのまにか

渚近くおくられて來てゐた

 

御覽、このみどりのうつくしい

いきいきとよみがへつたいのちのいろ

なめらかな磯岩の肌を

汐のひきさしに

ちらちらみえるその肌を

 

御覽、これがあのおそろしい

あれくるふなみとたゝかひ

なみをかみ

よるとなく

またひるとなく

險惡な空をにらみつけ

それこそけだものゝむれのやうに

山々に反響する

あの咆哮をつゞけてゐた磯岩だらうか

あの黑々とまるで鐵糞の塊のやうにみえてゐた磯岩だらうか

 

おほきな磯岩

ちひさな磯岩

海底ふかくかくれてゐるもの

頭をちよつぴりだしてゐるもの

そこそこ

蟹、貝、ゑび、たこ、雜魚らの善い巣だ

 

いくつもいくつもある

たくさんの

どれもこれもおほかた

それぞれの名まへをもつてゐる磯岩

遠いとほい

だれもしらないおほむかしからの

ふるいふるい名まへを

一つづつもつてゐる磯岩

 

はるだ

はるだ

萬物の季節だ

なんといつても

もう春だ

 

あゝ、そのはるが

磯岩にもかうしてきたのだ

いや、そこからして此の世のはるははじまるといふものだ

 

御覽、くるりと白いお臀をむきだし

なみの飛沫に

そのお臀までぬらして

その磯岩のあひだをあちこちと

女房達があさりめぐつてゐるではないか

海苔をとり

また鬚ほどの

松藻を採つてゐるのだ

 

おうい、漁夫の女房達よ

おまへたちこそ

自分達貧乏人のあひだにあつては

ほんとにはるのさきがけの

季節をつげる

海のをんなの神樣なんだ

 

   *]

« 春   山村暮鳥 | トップページ | 山村暮鳥詩集「土の精神」についての電子化方針の変更について »