フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 記憶の樹木   山村暮鳥 | トップページ | 道   山村暮鳥 »

2017/03/27

山   山村暮鳥

 

  

 

と或るカフヱに飛びこんで

何はさて熱い珈琲を

一ぱい大急ぎ

女が銀のフオークをならべてゐる間も待ちかねて

餓えてゐた私は

指尖をソースに浸し

彼奴の肌のやうな寒水石の食卓に

雪のふる山を描いた

その山がわすれられない

 

[やぶちゃん注:「餓えてゐた」はママ。

「指尖」「ゆびさき」。

「彼奴」「きやつ(きゃつ)」。

「寒水石」平凡社「世界大百科事典」によれば(コンマを読点に換えた)、『茨城県久慈郡、多賀郡』(多賀郡は現存しない。現在の高萩市及び北茨城市の全域と日立市の大部分に該当する。前者も恐らく現存する郡域に、現在の常陸太田市の全域及び日立市の一部と常陸大宮市の一部を含んだ旧久慈郡を指すと考えられる。そうすると旧多賀郡から西方へ現行の久慈郡までの連続した一帯を指すことになる)『に産する古生層中に挟まれた結晶質石灰岩(大理石)の石材名』。花崗岩の『貫入によって変成されて、白色から緑灰色の縞模様になっているものが多い。結晶粒は山口県秋吉産ほどではないがやや粗粒、角砂糖のような外観を呈する。水戸寒水,あるいは常陸寒水とも呼ばれ、白いものは古来細工物に利用され、後には建築用としても使われたが、今日では大材は得がたく』、専ら、『砕石、あるいは粉末として工業原料や建築材料に利用される』とある。グーグル画像検索「石」をリンクさせておく。「彼奴の肌のやうな寒水石の食卓に」「雪のふる山を描いた」という描写からは白色のそれで出来たテーブルがよかろう。]

« 記憶の樹木   山村暮鳥 | トップページ | 道   山村暮鳥 »