フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 後より來る者におくる   山村暮鳥 / 詩集「風は草木にささやいた」~了 | トップページ | 自分は光をにぎつてゐる   山村暮鳥 »

2017/03/27

山村暮鳥詩集「梢の巣にて」始動 / 有島武郎序・ふるさと

 

詩集「梢の巣にて」

 

[やぶちゃん注:山村暮鳥三十七歳の大正一〇(一九二一)年五月二十五日叢文閣刊の初版を早稲田大学蔵のこちらで視認して電子化注する。

 但し、時間を節約するために菊池眞一氏の「J-TEXT」のこちらのテクストを加工データ(但し、漢字新字体。底本は私が活字本として所持する彌生書房版全詩集の第六版)として使用させて戴いた。ここに謝意を表する。ただ、今回これを加工データにしたことで、実は彌生書房版全詩集のそれは校訂が厳密でなく、誤りが多々あることが判明したことを申し添えておく。]

 

 

山村暮鳥詩集 梢の巣にて

 

 

[やぶちゃん注:以下、有島武郎の序。太字は原典では傍点「ヽ」。文中の「Homage」は「敬意・尊敬」の意の英語。フランス語の“hommage”、「オマージュ」の方が現行では通りがよい。]

 

山村暮鳥樣

諸方から雜誌を送つてくださいますが私は自分の懶慢から滅多に目をとほしたことがありませんでした。ところが苦惱者を頂戴してはからずあなたの「眞實に生きようとするもの」といふのを拜見しておもはず淚を流してしまひました。

詩の形式のごときは私にはよく解りません。然しあなたの詩に盛られた純眞なお心持はふかく私に徹底しました。私のやうに實生活に安易なものが淚をながしたとまうしたところで、それは寧ろ滑𥡴といはるべきものかと思ひます。これは他人に申すべきことではなかつたかも知れません。然しあなたは私の心持をもまつたくおわらひ捨てもなさるまいと思つて、あなたの御名譽のために些やかながら一つの Homage を呈したいばかりに此の手紙を書きました。

あなたのお仕事の上に祝福をいのり上げます。

 

 大正八年二月二日

         東京にて

          有島武郎

 

 

 

[やぶちゃん注:ここに目次が入るが、省略する。]

 

 

 

   梢の巣にて

 

 

 

    わが肉の肉なる

    妻、ふじ子にこの詩集を贈る

 

 

 

       ふるさと

 

枯木が四五本たつてゐるそのあひだから

おゝ靜かなうつくしい湖がみえる

湖をとりまいてゐる山山や木木はひるなかでも黑い

まるでこしらへたものゝやうにみえる

あまりにさびしい

ほそぼそと山腹の逕はきえさうで

人つ子獨りあるいてはゐない

けれどそこにも一けんの寒さうな小舍があり

屋根のけむだしから

絲のやうなひとすぢのけむりが

あをぞらたかくたちのぼつてゐる

なんといふ記憶だらう

これがあの大きな山のふところで

あかんぼの瞳のやうにすんでゐる湖だ

冬も深く

氷切りがはじまると

自分達の父もよくそこへでかけた

そして熊のやうにひとびとにまじつて働いた

父はいまでも鐵のやうに強い

おとうとよ

峠の茶店のばあさんはどうしてゐる

谿間でないてゐる閑古鳥を

わが子か孫かでもあるやうに可愛がつて

自慢してゐたばあさん

あのばあさん

まだ生きてゐるか

 

[やぶちゃん注:「逕」ここまでの電子化の経験上では山村暮鳥は「みち」と読ませていると思われるが、個人的には「こみち」と読みたくなる私がいる。でなければ「きえさう」にはならぬからである。

「おとうと」不詳。]

 

« 後より來る者におくる   山村暮鳥 / 詩集「風は草木にささやいた」~了 | トップページ | 自分は光をにぎつてゐる   山村暮鳥 »