フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 洋館の靑き窓第三篇 瞳   山村暮鳥 | トップページ | 洋館の靑き窓第五篇 柳のほとり   山村暮鳥 »

2017/03/16

洋館の靑き窓第四篇 花のうれひ   山村暮鳥

 

  花のうれひ

 

夢のやうな雨が煙る。

庭の花壇、

十月の晝の樹立、

 

黃いろな落葉。……

コスモスの花のうれひに

紅くうるんでかゞやく、

瞳。

ああ、私をのこして

友はふたり去るのを歡ぶ。

 

[やぶちゃん注:「洋館の靑き窓」六編の第四篇。

「煙る」「けぶる」と訓じたい。

「樹立」「こだち」と訓じておく。

「友はふたり去るのを歡ぶ」友人三人で「S」を見舞ったか、或いは二人は先に来ていたものか、ともかくも詩人を残して二人去る「友」ら、それを内心「私」は「歡ぶ」という謂いであろうか(「友」を「S」ととることも可能であるが、そうすると如何にも「S」の内心を見透かしてしまっている詩人となって却って厭味となるから、採らない)。「友は」の位置と指示対象、係助詞「は」、及び、ストイックに心的圧搾を加えた表現に捩じれがあって読み取りにくい難があるが(それがしかしまた微妙に分かるように詩人の心を伝えてもいる)、それは同時に詩人の深層の半無意識的なる心的複合(コムプレクス)を暗示させてもいると言える。]

« 洋館の靑き窓第三篇 瞳   山村暮鳥 | トップページ | 洋館の靑き窓第五篇 柳のほとり   山村暮鳥 »