フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鞴祭の詩   山村暮鳥 | トップページ | 貧者の詩   山村暮鳥 »

2017/03/27

鴉祭の詩   山村暮鳥

 

  鴉祭の詩

 

大鴉

藁とぼろとでこしらへた鴉

そのからすを祭れ

 

きみらは農夫

ひろい黎明(よあけ)の畠にとびだし

しみじみと種子(たね)を蒔いた

種子は一粒一粒

種子は善い種子

その上に土をかけ

太陽にそれをかくした

きみらは農夫

それからといふもの

どんなに畠のことばかりかんがへてゐたことか

そんなこととはしらないで

そんなことともしらないで

鴉めが來てはそれをほぢくる

そのからすを祭れ

 

[やぶちゃん注:太字「ぼろ」は原典では傍点「ヽ」。「ほぢくる」はママ(「穿(ほじ)くる」は歴史的仮名遣でも「ほじくる」でよい)。標題「鴉祭の詩」の「鴉祭」は「からすまつり」でこれは、穀物を食害する害鳥としてのカラスを忌避防除するそれではなく、平凡社の「世界大百科事典」によれば(コンマを読点に換えた)、『記紀では八咫烏(やたがらす)を天照大神の使者としているが、現在でもカラスを山の神や祖霊の使わしめと考えたり、ミサキ,ミサキ神などと称して神使としたりする神社は多い。名古屋の熱田神宮、近江の多賀大社、安芸の厳島神社などもカラスと関係が深く、カラスに神饌(しんせん)を供して年占をする烏祭、御鳥喰神事(おとぐいしんじ)が行われる』。普段の『日にはカラスを害鳥として憎みきらう農家でも、正月の鍬入れ、鋤初めの日には、烏勧請(からすかんじよう)などといって積極的にこの鳥を招き、投げた餅を食べるか否かで収穫の豊凶を占ったり、田の』三ヶ所に『置いた食物のいずれをついばむかによって、その年に早・中・晩稲のどれをまくかを決めたりするなど、カラスに神意を』伺ったとある、その下線(私が引いた)の行事を指すものであろう。]

 

« 鞴祭の詩   山村暮鳥 | トップページ | 貧者の詩   山村暮鳥 »