フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« いのり   山村暮鳥 | トップページ | ほんねん   山村暮鳥 »

2017/03/20

光明頌榮   山村暮鳥 / 詩集「黑鳥集」始動

 

黑鳥集

 

[やぶちゃん注:「黑鳥集」(「こくちょうしゅう」と読んでおく)は「聖三稜玻璃」(せいプリズム)刊行前に企図され、大正一三(一九二四)年秋に校了したものの、同年十二月八日に山村暮鳥は逝去し、生前は未刊となった詩集である。三十六年経った戦後の昭和三五(一九六〇)年一月に昭森社より刊行された。

 参考底本は昭和五一(一九七六)年彌生書房刊「山村暮鳥全詩集」(第六版)とし、今まで通り、恣意的に漢字を原則、総て正字化して示す。他に対照校合する資料を私は持たない。なお、ネット上には同詩集の電子化は見当たらないようである。底本の「黒鳥集」とある標題紙の裏には『大正二四年詩篇から』という編者によるものと思われる注がある。]

 

 

 

  光明頌榮

 

主は讚むべきかな

土からはひでた蛆蟲のおどろき

主は讚むべきかな

土からはひでた巖蟲のよろこび

主は嵩むべきかな

土からはひでた蛆蟲のなみだ

そらのあをさにかぎりはない

天つ日のひかりのなかを

これからどこへ行かうとするのか

蛆蟲よ

だがみかへるな

その來しかた

そこにおのづからなる道がある

ただ一すぢの無始無終の道がある

 

[やぶちゃん注:「光明頌榮」は「こうみやうしようえい(こうみょうしょうえい)」で、「頌榮」はラテン語の“doxologia”(英語:doxology)で、キリスト教で、様々な典礼で行われる「三位一体への讃美」に於いて歌われる賛美歌及びそこで唱えられる祈禱文を指す。本来は聖務日課で詩篇や聖書中の賛歌(カンティクム)が唱えられた後に付け添えられたものである。これは旧約聖書中にある自由奔放な詩歌をキリスト教での利用に適したものに作り変えたものであるらしい(ウィキの「頌栄に拠る。詳しい祈禱文等はリンク先を参照されたい)。文字列は「光り輝く神の絶対の栄光」といった謂い。

「讚む」「ほむ」。]

« いのり   山村暮鳥 | トップページ | ほんねん   山村暮鳥 »