フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 一本の木がある   山村暮鳥 | トップページ | 朝   山村暮鳥 »

2017/03/29

木   山村暮鳥

 

       

 

一本すんなりと立つた木がある

あちらに四五本

こちらに七八本と

塊りあつてゐる木立がある

さうかとおもふとびつしり密集してゐるところもある

ひよろひよろと瘦せて寂しくたつてゐるのや

曲りくねつたのや

むつまじく肩を組んでゐるのや

いきいきと赫いてゐるのや

幸福さうに見えるのや

くるしみくるしんできたやうなのはみな老木だ

どんなことでも知りつくしてゐるやうにみえる老木は

いかにも靜かだ

おちつきがでてきたのだ

木がこの天地の間にあつて

どつしりとおちついてくるやうになると

そこに尊嚴が自(おのづか)ら加つてくるやうだ

そしてその深い深いところでは

大きななつかしさを見せるやうになる

さうした木をみると

だれでも

いのちといふことを

そして生きてゐることを沁々おもふだらう

老木のぐるりには

稚(わか)い木がある

ひらひらと可愛い葉つぱをうごかしてゐるのは

あかんぼの木だ

その上にそれをかばつて伸ばしてゐる手のやうな梢

 

雨がふると

びつしよりぬれ

日が照るとひかりを浴び

どんな木でも

木といふ木はみな

何といふこともなくたゞ生長してゐる

山上高くたつてゐるもの

谿間を暗くこめてゐるもの

丘の上のもの

水のほとりのもの

それがために世界はこんなにうつくしいのだ

ときとすると

茫々とした大きな野原のなかなどで

章魚(たこ)が足でものばしたやうに枝をのばして

葉つぱ一つ葉つけない

冬枯の

あれ錆びた木をみることがある

それにはきつと鳥がとまつてゐる

鴉がぽろりと一羽

啼きもしないでとまつてゐる

さうでなければ

雀がこぼれるほどむらがつて

まるで戰爭でもしてゐるやうに

がやがや喋舌(しやべ)つて騷いでゐることもある

それに夕日がかつと射したりして

いゝ風景(けしき)だ

 

どんな木でも

木といふ木はみないゝ

それは木ばかりではないけれど

ことさらに木はいゝ

何といふこともなくただ生長してゐるところが

たまらなくいゝ

そして木は

大きな木ほど立派である

 

いま自分のすんでゐるところに近く森林があるので

自分はしばしばそこへ行く

そして大きな木木をみる

腹が立つとそこへゆく

かなしいとそこへゆく

うれしいとそこへゆく

つかれるとそこへゆく

氣が腐つてくるとそこへゆく

ゐてもたつてもゐられなくなると

あはてゝそこへゆく

そして大きな木木をみる

大きな木木だ

その幹はどれもこれもまるで胴體のやうに太い

それが群像のやうに立つてゐるのだ

ふりあふぐと

梢や葉つぱのあひだから

小さな蒼空をぽつぽつとみせてゐる

そんな大きな木ばかり

日光が射さないので

その木木のしたかげはしつとりといつでも濕つて

そこにはいぢけた草や苔などが

いぢらしいほど小さい花を飾つてゐる

またそこにはさまざまの小鳥がゐて啼いてゐる

まるで大きな古いむかしながらの

伽藍の中にでもはいつたやうに

そこはしづかだ

しいんとしてゐる

それでゐてその木木の間にゐると

大きな重いどつしりとした力で

ぐつとおさへつけられるやうだ

身動きもならないやうに

そしてそこでは咳拂ひ一つするのもゆるされない

自分はふるへるほど冷くなつては

そこからでてくるのだ

けれどそこからでてきて

ぱつと日光に觸れるともうどんなときでも

自分は穩かな海のやうになつてゐる

とつぷりと滿たされた自分だ

 

諸々(さまざま)の木であるが

ほとんど落葉樹はない

樫がある

椎がある

黑松がある

樅や槇がある

山毛欅がある

それらが天にそゝり立つてゐるのだ

それがたがひに空間を

それぞれすき勝手な姿勢をとつて

大きな蛇のやうにうねりくねつてゐるのだ

そのうつくしさは

たゞのうつくしさではない

靜かなその胴體のやうな幹だけみてゐてもぞくぞくするが

木木はなんといつても大暴風の日だ

それはもの凄く

それは勇壯である

天地も裂けよととゞろきわたる雷をともなひ

刃のやうな稻妻をはなち

おそろしい雲に乘り

その雲を鞭打ち

銀の鏃の雨をそゝいできたあらし

千萬無數のあれくるふ猛獸

角をふりたて牙を鳴らして

ひしめき蹴散らしのしかゝるあらし

あらしのはゞたき

それをまともに睨んだ木木

びくともせず

大地にふかく足を踏んばり

大手をひろげて立つたその木木

髮毛をばふりみだし

くみつき

つきのけ

おしもどし

はねかへし

咆哮(ほえたけ)る

木木をみろ

木木は千古のつはものである

而も梢の小鳥の巣一つおとしはしない

 

いま木木は靜かである

森林は海底(うみそこ)ででもあるやうに靜かである

紗(うすもの)のやうなそよかぜに木木は浸され

ふかいふかいちんもくに浸され

そのちんもくのふところの

大きなおほきな力もすべてひたされて靜かである

はつきりとさはやかである

天心(てんしん)でないてゐる蟬もきこえる

しんしんと雨のやうだ

このこゑごゑからふつてくる細い霧でしつとりと

木木はきよらかに濡れてゐる

こんな日もある

めづらしいことだが

けふの自分は自分からもう木になつてゐるのだ

 

[やぶちゃん注:第四連十行目「あはてゝそこへゆく」はママ。

第一連九行目「赫いてゐる」「かがやいてゐる」と読む。

「山毛欅」これで「ぶな」(ブナ目ブナ科ブナ属ブナ Fagus crenata)と読む。

「木木はなんといつても大暴風の日だ」の「大暴風」は先行経験上から「おほあらし」と訓じているものと思う。

「銀の鏃の雨をそゝいできたあらし」の「銀の鏃」は「ぎんのやじり」と読んでいよう。

「髮毛をばふりみだし」の「髮毛」は先行経験上から「かみのけ」ではなく「かみげ」と読んでいるものと思う。

「天心(てんしん)」老婆心乍ら、「天の真ん中」の意。]

 

« 一本の木がある   山村暮鳥 | トップページ | 朝   山村暮鳥 »