フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 河岸   山村暮鳥 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「空を飛ぶ話」(1) »

2017/03/16

心   山村暮鳥

 

 

稗(ひえ)をぬかずば農人よ

こがねなす、

田の面(も)のひかり、

 

稗をぬかずば

淫慾にぬらす秘密の、

淚は朝の雨のごとし。

かなしみは光に黑く、

靈(たましひ)の上を長く。

 

農人よ、

空は唯、ひろしと言へど、

とこしへに汎きのみなる。

 

[やぶちゃん注:「秘密」の「秘」はママ。本文中で二度目なので以下は「祕」が出ない限りはこの注を略す。二ヶ所の「農人」はママ。彌生書房版全詩集も孰れも「農人」である。これを誤りと断じて「農民」に変える必要はさらさらないとは思うが(竹本寛秋氏の電子化データは何を元にされたのか不詳であるが、何故か二ヶ所とも「農民」となっている)、ただ、こう書いてあると、「のうじん」は如何にもな響きで、「のらびと」と私は訓じたくはなる。

「稗」農民は何故、ヒエ(単子葉植物綱イネ目イネ科キビ亜科キビ連ヒエ属ヒエ Echinochloa esculenta を抜くのか? 第一連で暮鳥は、抜かなければ田の面はもっともっと美しく黄金をなすではないかと言う(ヒエの穂は稲よりも幅が合ってこんもりしているからその通りとは思う)。これは恐らく、『野生種のヒエ属数種が重要な田畑の雑草であり、稲作がこれらの雑草の制圧に大きな労力を要したこと』(ウィキの「ヒエより引用)による除草作業である。そうしてそれは高く売れる米(稗は食用処理が煩瑣で味が落ちるとされて救荒食物ではあったが賤しい穀類と近代までされ続けてきた)を少しでも稔らせようとすることは欲張りな「淫慾」ではあるまいか? その「淫」の縁語で「ぬらす」と「秘密」が引き出され、稗の大きな「淚」のような実「は朝の雨のごとし」と表象されるのではないか? 「かなみは光に黑く」「靈(たましひ)の上を長く」(当初、私は句点があるところから「長く」を「ながびく」などと読むのではなどと思ったが、これは前行末の「黑く」と音韻上の並列と考えればよいのであろう)というのも、稗の実は熟してくると、田では稲よりもよほど色濃くて比較上は「黑く」見える。それが「淫慾」に基づく浅智恵の「秘密」であり、そこから生み出される「かなしみ」は、実は「黑」い「朝の雨のごと」き「淚」の粒、それこそが欲を起こした賤しい野良人らが賤しい雑草として引き抜いている「稗」の実なのだと暮鳥は言いたいのではあるまいか? 大方の御批判を俟つものではある。]

« 河岸   山村暮鳥 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「空を飛ぶ話」(1) »