フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 妻と語る   山村暮鳥 | トップページ | 蟹   山村暮鳥 »

2017/03/31

雷雨の時   山村暮鳥

 

  雷雨の時

 

遠くからごろごろと

まるで何處かで籾磨りでもはじめたやうにきこえる

かみなりだ

かみなりだ

いい音だな

ほんとにひさしぶりできくんだ

ああ、いい

まあどうだい

なんといふすばらしい雲だらう

きつとかくれてゐたんだらう

山の背後から

むくむくともりあがつてでてきた

はやいもんだな

みるみる

もうあんなに擴がつた

 

ごろごろ、ごろごろ

ほんとにいい音だ

だんだんちかくなつてくるやうだな

や、ひかつたぞ

 

あれ、あれ

畑の百姓達がどうだい

鍬や肥桶をひつかついで

ぴよんぴよん

ぴよんぴよん

機蟲(バツタ)か蝗のやうに逃げだしたつてば

ああ、いい

たうとう雲は

自分達のあたまのうへまでかぶさつてきた

墨汁をながしたやうな雲だな

ああ、いい

あ、あ、縣道をおもちやのような

自轉車やじんりきのはしること

犬も驅けてゆく

豚もかけてゆく

あの荷馬車はどうしたんだらう

畜生がいふことをきかないんだな

おや、寢ころんでしまつた

あれでは

馬方も氣が氣ではあるまい

そんなことにはとんちやくなく

かみなりはごろごろ

いなびかりはぴかぴか

あの彼方の森や田圃のはうは

いままではつきりとみえてゐたつけが

たちまち

ぼかしたやうになつてしまつた

もうふつてゐるんだらう

 

おや、そんなことをいつてゐるまに

ぽつり、ぽつり

ここまで、や、落ちてきた

はやいもんだな

威勢のいい雨だな

まつたく豆熬りでもしてゐるようぢやないか

 

ああ、いい

ああ、いい

 

おうい、干物をはやく取りこめ

なかなかの大粒だぞ

底拔けにやつてきそうだぞ

ぱらぱら

ぱらぱら

ああ、いい

かみなりがなんだ

いなびかりがなんだ

みんな、だれもかも素裸になつて

とびだせ

とびだせ

いきかへれ

 

ああ、いい雨だ

いい夕立だ

これのとほりすぎたあとの

そのすがすがしさもおもふがいい

からりと洗ひきよめられたやうな蒼空に

大きな虹

そこで世界が

おとぎばなしの國になるんだ

 

おう、生きてゐることのありがたさ

これだから

これだから

なんといつても

生きることはやめられないんだ

それはありがたすぎるほどでさえある

ああ、いい

 

[やぶちゃん注:「縣道をおもちやのような」、「まつたく豆熬りでもしてゐるようぢやないか」、「底拔けにやつてきそうだぞ」、「それはありがたすぎるほどでさえある」はママ。

「あの彼方の森や田圃のはうは」彌生書房版全詩集では「彼方」に「むかう」とルビする。

 以下、彌生書房版全詩集版を示す。

   *

 

  雷雨の時

 

遠くからごろごろと

まるで何處かで籾磨りでもはじめたやうにきこえる

かみなりだ

かみなりだ

いい音だな

ほんとにひさしぶりできくんだ

ああ、いい

まあどうだい

なんといふすばらしい雲だらう

きつとかくれてゐたんだらう

山の背後から

むくむくともりあがつてでてきた

はやいもんだな

みるみる

もうあんなに擴がつた

 

ごろごろ、ごろごろ

ほんとにいい音だ

だんだんちかくなつてくるやうだな

や、ひかつたぞ

 

あれ、あれ

畑の百姓達がどうだい

鍬や肥桶をひつかついで

ぴよんぴよん

ぴよんぴよん

機蟲(バツタ)か蝗のやうに逃げだしたつてば

ああ、いい

たうとう雲は

自分達のあたまのうへまでかぶさつてきた

墨汁をながしたやうな雲だな

ああ、いい

あ、あ、縣道をおもちやのやうな

自轉車やじんりきのはしること

犬も驅けてゆく

豚もかけてゆく

あの荷馬車はどうしたんだらう

畜生がいふことをきかないんだな

おや、寢ころんでしまつた

あれでは

馬方も氣が氣ではあるまい

そんなことにはとんちやくなく

かみなりはごろごろ

いなびかりはぴかぴか

あの彼方(むかう)の森や田圃のはうは

いままではつきりとみえてゐたつけが

たちまち

ぼかしたやうになつてしまつた

もうふつてゐるんだらう

 

おや、そんなことをいつてゐるまに

ぽつり、ぽつり

ここまで、や、落ちてきた

はやいもんだな

威勢のいい雨だな

まつたく豆熬りでもしてゐるやうぢやないか

 

ああ、いい

ああ、いい

 

おうい、干物をはやく取りこめ

なかなかの大粒だぞ

底拔けにやつてきさうだぞ

ぱらぱら

ぱらぱら

ああ、いい

かみなりがなんだ

いなびかりがなんだ

みんな、だれもかも素裸になつて

とびだせ

とびだせ

いきかへれ

 

ああ、いい雨だ

いい夕立だ

これのとほりすぎたあとの

そのすがすがしさもおもふがいい

からりと洗ひきよめられたやうな蒼空に

大きな虹

そこで世界が

おとぎばなしの國になるんだ

 

おう、生きてゐることのありがたさ

これだから

これだから

なんといつても

生きることはやめられないんだ

それはありがたすぎるほどでさへある

ああ、いい

 

   *]

« 妻と語る   山村暮鳥 | トップページ | 蟹   山村暮鳥 »