フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 勞働者の詩   山村暮鳥 | トップページ | 驟雨の詩   山村暮鳥 »

2017/03/27

老漁夫の詩   山村暮鳥

 

  老漁夫の詩

 

人間をみた

それを自分は此のとしよつた一人の漁夫にみた

漁夫は渚につつ立つてゐる

漁夫は海を愛してゐる

そして此のとしになるまで

どんなに海をながめたか

 

漁夫は海を愛してゐる

いまも此の生きてゐる海を‥‥

 

じつと目を据え

海をながめてつつ立つた一人の漁夫

此のたくましさはよ

海一ぱいか

海いつぱい

否、海よりも大きい

なんといふすばらしさであらう

此のすばらしさを人間にみる

おお海よ

自分はほんとの人間をみた

 

此の鐵のやうな骨節(ほねぶし)をみろ

此の赤銅(あかがね)のやうな胴體をみろ

額の下でひかる目をみろ

ああ此の憂鬱な額

深くふかく喰ひこんだその太い力強い皺線(しわ)をよくみろ

 

自分はほんとの人間をみた

 

此の漁夫のすべては語る

曾て沖合でみた山のやうな鯨を

たけり狂つた斷崖のやうな波波を

それからおもはず跪いたほど

うつくしく且つ嚴かであつた黎明(よあけ)の太陽を

ああ此のあをあをとしてみはてのつかない大靑海原

大海原も此の漁夫の前には小さい

波はよせて來て

そこにくだけて

漁夫のその足もとを洗つてゐる

 

[やぶちゃん注:「据え」はママ。第二連末のリーダは原典二本を拡大して見てみると、最後に基線から右にずれるものの、第四点を視認出来るように感じられることから、四点とした。]

 

« 勞働者の詩   山村暮鳥 | トップページ | 驟雨の詩   山村暮鳥 »