フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 山上にて   山村暮鳥 | トップページ | 聖母子涅槃像   山村暮鳥 »

2017/03/28

星   山村暮鳥

 

       

 

わたしは天(そら)をながめてゐた

なつのよるの

海のやうな天を

 

陰影(かげ)の濃い

日中のひどいあつさはどこへやら

よるの凉しさにひたつてゐると

まるで靑い魚のやうだ

かきねのそとでは

ひよろりと高い蜀黍(もろこし)が四五本

水のやうなそよかぜに

廣葉をばさばささせてゐる

さかりのついてる豚が小舍からぬけでて

ぶうぶううろつきまはつてゐる

きまぐれな蟋蟀(きりぎりす)が一ぴき鳴いてゐる

もう秋が

すぐそこまできてゐた

 

こどもをねかしつけてゐた妻が

こどもがねついたので

跫音を盜むやうにそこへでてきた

すつかり晴れましたね

わたしはだまつてゐた

なんて綺麗なんでせうね

いつみてもお星樣は

わたしはそれでもだまつてゐた

わたしはそれをうるさいとさへおもつた

すつきりと澄透つた心を

搔きみだされたくなかつた

わたしは天をながめてゐた

 

妻は心配さうに低く

わたしの顏をのぞきこんで言つた

どうかなすつて

その聲はしめつてゐた

すこしふるへてゐるやうだつた

けれどしんみりと美しかつた

わたしははつとした

そして跳返されたやうに口を切つた

まあ見な

永遠の寂しさだ

たゞそれだけ

それぎりわたしはなんにもいはず

妻もまたなんにもいはず

あたりはしいんと

天では星がきらきらしてゐた

ふたりはそれをながめてゐた

 

星はもう

どれもこれも

みな幸福さうであつた

みな幸福にみたされてきらきらしてゐた

おほきいほし

ちひさなほし

一つぽろりとひかつてゐるほし

たくさん塊つてゐるほし

わたしはうれしくつてうれしくつて

なみだが頰つぺたを流れた

妻をみると

妻も瞼をぬらしてゐた

わたしはたうとうたまらなくなつて

びつくりしてゐる妻をぎゆつと抱きすくめた

だきすくめられて

妻は深い溜息をもらした

わたしはそれをはつきりと聽きとつた

 

わたしは言つた

これ、こんなに手が冷くなつた

妻はそれにこたへるでもなく

だがさゝやくやうに

もうよほど遲いのでせう

幮の中のこどもがごろりと寢がへりを打つたやうだ

星が一つすうつと尾を曳いてとんだ

こんどは妻が言つた

ほんとにねるにはをしいやうですね

ほそぼそと泌みこむやうな

純らかなその聲

わたしはほろりとして消えてしまひたいやうな氣持で

而もきつぱりと

首でも縊るならこんなばんだ

けれど生きるといふことは

それ以上どんなにすばらしいことだか

 

星は一つ一つ

千萬無數

まるで黃金(きん)の穀粒でもふりまいたやうだ

ばらばらとこぼれおちさうだ

それが空一めん

そしてきらきらとひかつてゐた

わたしたちはねるのもすつかりわすれてしまつて

冴えざえした目で

しみじみ天をながめてゐた

よるのふけるにしたがつて

星はいよいよ

強くきらきら光りだした

もう草も木もひつそりした

さつきの豚もきりぎりすもどこへかゐなくなつて

めざめてゐるのは星ばかりだ

それをわたしたちはながめてゐた

手をのばしたら指尖にでも吸ひつきさうにみえる空、そして星

 

おきたやうだよ

さうですね

わたしたちはこどもの泣き聲におどろかされて

またべつべつの二人になつた

もうねようか

えゝ

妻はいそいで幮にはいつた

そして中から

おさきへといつた

それをきくとなんとなく、ただなんとなく

どうしてもたちあがらないではゐられなかつた

わたしはたちあがつた

雨戸をぴしぴししめながらも

わたしは天をながめてゐた

それから寢床に這ひこんで

ごろりと橫になるにはなつたが

わたしはまだ天をながめてゐた

もうねたかい

返辭がない

 

わたしはめをとぢた

天の星はひときはきらきらとひかりはじめた

 

[やぶちゃん注:「幮」は「とばり」と読む。「帳」に同じい。蚊帳である。

「純らかな」「きよらかな」。]

 

« 山上にて   山村暮鳥 | トップページ | 聖母子涅槃像   山村暮鳥 »