フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« まどろみ   山村暮鳥 | トップページ | 所現   山村暮鳥 »

2017/03/21

立秋   山村暮鳥

 

  立秋

 

「まだ、なかなか暑いね」

「それでも朝夕はめつきり變(ちが)つてぢやねえかえ」

「そろそろ穴ごもりの準備(ようい)かね」

「どうして、これからだよ」

「夏中は澤山、仕事があつたつて……」

「え。毎日、よく晝寢をしたよ」

「美(い)い夢をしこたま見たんだね」

「ところがね――あの、日向葵め。くるしがりやがつて焰(ひ)のやうな吐息さ。もう、あんなに黑くなつて首を低れてしまつたが」

「へえ」

「どうだね、此の頃の塀の上は」

「昨日金蠅を一つ」

「うむ」

「今日、おはぐろ蜻蛉を……」

「うむ」

蜘蛛と蜘蛛との立ちばなし

 

[やぶちゃん注:「なかなか」「そろそろ」の後半は底本では踊り字「〱」。太字「しこたま」は底本では傍点「ヽ」。「焰」は底本の用字。

「金蠅」本邦で最も普通に見られる種は(最近はまっこと見なくなったが)、双翅(ハエ)目短角(ハエ)亜目ハエ下目額嚢節弁翅亜節ヒツジバエ上科クロバエ科キンバエ族ヒロズキンバエ Phaenicia sericata であろう。

「おはぐろ蜻蛉」トンボ目イトトンボ亜目カワトンボ上科カワトンボ科カワトンボ亜科アオハダトンボ属ハグロトンボ Calopteryx atrata。暮鳥の謂いからは「鉄漿蜻蛉」であるが、現行の漢字和名では「羽黒蜻蛉」である。但し、羽色からは「おはぐろ蜻蛉」はすこぶる腑に落ちる。ウィキの「ハグロトンボによれば、『別名ホソホソトンボ』と言い、所謂、我々が糸蜻蛉と総称しているグループの一種で、『成虫の体長は』五十七~六十七ミリメートル、後翅長三十五~四十四ミリメートルほどで、『トンボとしてはやや大型。雌の方が雄より若干大きいが、大差はない。翅が黒いのが特徴で、斑紋はなく、雄は体色が全体的に黒く緑色の金属光沢があるのに対し、雌は黒褐色である。他のトンボのように素早く飛翔したりホバリングしたりせず、チョウのようにひらひらと舞うように羽ばたく。その際、パタタタ……と翅が小さな音を立てる。どこかに留まって羽根を休める際も』、『チョウのように羽根を立てた状態で、四枚の羽根を重ねて閉じるという特徴がある』。成虫は五月から十月頃まで見られ、特に七月から八月にかけて多く見かける。『主に平地から低山地のヨシなどの挺水植物や、エビモ』(単子葉植物綱オモダカ目ヒルムシロ科ヒルムシロ属エビモ(海老藻)Potamogeton crispus)・『バイカモ』(日本固有種である双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科キンポウゲ属バイカモ亜属イチョウバイカモ変種バイカモ(梅花藻)Ranunculus nipponicus var. submersus)『などの沈水植物などが茂る緩やかな流れに生息する。幼虫は、おもに夜半から早朝にかけて、挺水植物』(ていすいしょくぶつ:水生植物の内で水底に根を張り、茎の下部は水中にあるものの、茎或いは葉の(少なくとも)一部が水上に突き出ている種群を指す)『などに定位して』六月から七月頃に『羽化する。羽化後の若い個体は薄暗いところを好み、水域から離れて林の中で生活するが、成熟すると再び水域に戻り、明るい水辺の石や植物などに止まり縄張りを張る。交尾後、雌は水面近くの水中植物に産卵する』とある。]

 

« まどろみ   山村暮鳥 | トップページ | 所現   山村暮鳥 »