フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ある時   山村暮鳥 | トップページ | ある時   山村暮鳥 »

2017/03/29

ある時   山村暮鳥

 

       ある時

 

友はいま遠い北海道からかへつたばかり

ながながと旅のつかれにねころんだ疊の上で

まだ新らしい印象をかたりはじめた

うまれてはじめて乘つた大きな汽船のこと

それで蒼々した海峽を

名高い波に搖られながら橫斷したこと

異國的な港々の繁華なこと

薄倖詩人の草深い墓にまうでたこと

トラピスト修道院の屋根がはるかに光つてゐたこと

古戰場で珍らしい閑古鳥をきいたこと

さまざまなことを友は語つた

それから時にと前置をしてしめやかにその言葉を切り

友は一すぢの糸のやうな記憶をたどりはじめた

それはもう黃昏近い頃であつた

とある田舍の小さな驛で

身なりだけでもそれとしられる貧しい女が

一人の乳呑兒を脊にくくりつけ

もひとりの子の手をひいて友の列車にあはたゞしく驅けこんだ

車中はぎつしり一ぱいだつた

その女はよほどつかれてゐるらしく

自分の席をやつとみつけて脊中のこどもを膝におろした

そしてほつといきをついた

友のそばに無理矢理に割込ませられた大きなほうの子ども

それは女の子であつた

汚い着物とみにくい顏面(かほ)と

段々と列車の動搖するにつれ

その動搖にほだされてくる心の弛みにがつくりと

みんなのやうにいつかその子も首を垂れてしまつた

はじめの間は何やかとその子のことがぞくぞくするほど氣になつたが

次第に身體(からだ)をまつたく投げ出し

その小さな首を友の胸のあたりに凭たせかけてなんの不安もなく

すやすやと鼾さへはじめたその無邪氣さ

友にはそれが可愛ゆくなつてきた

可愛ゆくて可愛ゆくて何ともたまらなくなつてきた

しみじみと

汽車は用捨なくはしり走つた

そしてぱつたり停つた

そこは彼等の下車驛であつた

母にめざまされたその女の子は黑い瞳をぱつちりと開いた

友はそれをみた

それに人間のまことの美をみた

みたと言ふより寧ろ解したといふべきだ

子どもは立ちあがり

ちらとふりむいてにつこりと而も寂しく

「おぢさん、さよなら」と後にも前にもたつたひとことこれだけ言つた

友はだまつて挨拶した

かなしさがぐつと咽喉までこみ上げたので言葉の道がなくなつたのだと

こんな話を目にでもみえるやうにしながら

もうその眼瞼をぬらしてゐるのだ

あゝ、たまらない

あゝ、こんなのが消えてうせゆく人間の言葉であるのか

 

[やぶちゃん注:十八行目「もひとりの子の手をひいて友の列車にあはたゞしく驅けこんだ」の「あはたゞしく」はママ。

「薄倖詩人」石川啄木のことであろう。彼の意志により、啄木が愛した大森浜を望む函館山南端の立待岬に彼は葬られている。(グーグル・マップ・データ)。

「トラピスト修道院」現在の北海道北斗市三ツ石(渡島当別)にある、明治二九(一八九六)年十一月に教会法上の正式な創立となった「灯台の聖母修道院」のことであろう(名は近くに今もある葛登支(かっとし)灯台に因む)。所(グーグル・マップ・データ)。

「古戰場」五稜郭であろう。

「閑古鳥」郭公(かっこう:カッコウ目カッコウ科カッコウ属カッコウ Cuculus canorus)。]

 

« ある時   山村暮鳥 | トップページ | ある時   山村暮鳥 »