フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 紙鳶   山村暮鳥 | トップページ | 春   山村暮鳥 »

2017/03/31

一鉢の花   山村暮鳥

 

  一鉢の花

 

自分は一鉢の花を買つた

それは春さきの

また東京下りのものとして

自分達貧乏人にとつては

それこそ眼球も飛びだすばかり

それほど高價なふりぢやであつた

けれど

自分は一め見ただけで

すつかりとほれこんでしまつた

そしてなけなしの錢で

それは米にも味噌にもなるのであつた錢で

花屋の手から買ひとつた

自分はうれしさにそれをかかえてどこをどうあるきまはつたものか

そのうちぽつぽつ雨が落ちてきた

やあ、花が濡れる

蝙蝠傘ももたなかつた自分は身をもつて

それをいたはりおほひかばつた

雨は次第につよくなつた

それにまた風さえはげしく加はつた

自分はもういつか自分をまつたくどこにかなくしてゐた

その一鉢の花のために

家に歸つてから

これは氣のついたことであつたが

自分はまあ、かつて自分の眞實の妻や子どもたちに對してすら

これほど情熱的なことがあつたか

でもそのときの自分は

その花のために

なんといふ想像も及ばないくるしみをしたことだらう

とはいへ、そうしてくるしめばくるしむほど

その花がいよいよ可愛く美しく

もうもう、どんなものにもかへられないと

命に賭けても愛さずにはゐられなかつた

 

[やぶちゃん注:「かかえて」、「風さえ」はママ。彌生書房版全詩集では五行目の「眼球」に「めだま」、次の行の「ふりぢや」に傍点「ヽ」が附されてある(単子葉植物綱キジカクシ目アヤメ科フリージア属フリージア Freesia refracta)。

 彌生書房版全詩集版。太字は前記の通り。

   *

 

  一鉢の花

 

自分は一鉢の花を買つた

それは春さきの

また東京下りのものとして

自分達貧乏人にとつては

それこそ眼球(めだま)も飛びだすばかり

それほど高價なふりぢやであつた

けれど

自分は一め見ただけで

すつかりとほれこんでしまつた

そしてなけなしの錢で

それは米にも味噌にもなるのであつた錢で

花屋の手から買ひとつた

自分はうれしさにそれをかかへてどこをどうあるきまはつたものか

そのうちぽつぽつ雨が落ちてきた

やあ、花が濡れる

蝙蝠傘ももたなかつた自分は身をもつて

それをいたはりおほひかばつた

雨は次第につよくなつた

それにまた風さへはげしく加はつた

自分はもういつか自分をまつたくどこにかなくしてゐた

その一鉢の花のために

家に歸つてから

これは氣のついたことであつたが

自分はまあ、かつて自分の眞實の妻や子どもたちに對してすら

これほど情熱的なことがあつたか

でもそのときの自分は

その花のために

なんといふ想像も及ばないくるしみをしたことだらう

とはいへ、そうしてくるしめばくるしむほど

その花がいよいよ可愛く美しく

もうもう、どんなものにもかへられないと

命に賭けても愛さずにはゐられなかつた

 

   *]

« 紙鳶   山村暮鳥 | トップページ | 春   山村暮鳥 »