フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 黃い月   山村暮鳥 | トップページ | 猫   山村暮鳥 »

2017/03/18

午睡   山村暮鳥

 

  午睡

 

正午(まひる)過ぎたり……窓の外、いとしづかに三味の音(ね)弛(ゆる)めり。日は廊(らう)近くすべりて光り、わが室は乾きて沒藥(もつやく)の如き匂ひの黃は空氣に蒸せり。

軒に巣(すく)はんとするは黃蜂(ウオスプ)か。

浴室の玻璃(ガラス)、曇らざれば眞裸(まはだか)の人々の動くも見えて晝はさびしきほどに靜かなり。三味の音はやや強くなれり。

懶(ものう)さは、されど大理石(なめいし)の床に橫はり、浴槽(ゆぶね)に凭(もた)れながらに聽く心の底よりあふれ湧きくる溫かき湯の音の絶えざるが如し。見よ。いたづらに夢見るらしき瞳を開きて衰弱しめす混浴の群のさざめき……

午睡より眼ざめて騷ぐ心の前よ!

野卑なれど再び弛き、快好(こころよ)き晝の三味の(ね)音。

或は、噴水(フオント)をめぐる微風よ!

 

[やぶちゃん注:ロケーションが不詳なので隔靴掻痒の感がある。識者の御教授を乞う。

「沒藥(もつやく)」ここは比喩だから、注するのもなんだが、北東アフリカ・アラビアなどに産するカンラン科の低木から得たゴム樹脂で、古来より特殊な薫香料として珍重され、古代エジプトではミイラ製造の際に防腐薬として用いたりされた。

「黃蜂(ウオスプ)」“wasp”。広義の肉食性の大・中型蜂を指す英語であるが、この場合、漢字表記及び軒に巣を作ろうとしているところから見て、私はスズメバチ上科スズメバチ科アシナガバチ亜科 Polistinaeのアシナガバチ(脚長蜂・英名:Paper wasp)類を指しているように思われる。

「噴水(フオント)」“fount”。英語。]

« 黃い月   山村暮鳥 | トップページ | 猫   山村暮鳥 »