フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夜店   山村暮鳥 | トップページ | 春と若き人々の思想   山村暮鳥 »

2017/03/16

五月の詩   山村暮鳥

 

  五月の詩

 

やはらかくして幅廣き日光を吸ふ、

赤き座褥(クツシヨン)。

ふくよかなあまきつかれを歡ぶ、

座褥の赤。

 

風よ、吹かば綠りの胸と草とを!

 

窓のほとり。

室内にナルダの香油はきえ殘りさびしく匂ふ。

嘆美は圓き音樂と、

唐草の心と夜の雜色とよ

いりみだれて強き腕をくみて舞踏のひと時の夢とを語る……。

 

壁上の女の裸畫、

靑き吐息(いきづ)く鏡と

座褥の光りの反射に疲れがある。

 

あゝ四月と別れし我が瞳、

すべてのものにかゞやく疲勞。

 

[やぶちゃん注:「室内にナルダの香油はきえ殘りさびしく匂ふ」「ナルダ」ラテン語“nardum”(中性名詞)“narduus”(女性名詞)は一般には「ナルド」と音写される非常に高価な香油で(ヒマラヤからチベットの高地にのみ分布するキク亜綱マツムシソウ目オミナエシ科 Nardostachys 属スパイクナード Nardostachys jatamanse の根茎から抽出され、強い鎮静作用と皮膚に優れた親和性を持つとされる)、聖書でベタニヤのマリヤが十字架を目前にしたイエスに注いだことで知られるが、ここはまさにその「ヨハネの福音書」第十二章の冒頭のシーンを意識したものである。大正訳で示す。下線は私が引いた。

   *

過越(すぎこし)の祭(まつり)の六日(むゆか)前に、イエス、ベタニヤに來たり給ふ、ここは死人(しにん)の中(うち)より甦へらせ給ひしラザロの居(を)る處なり。此處にてイエスのために饗宴(ふるまひ)を設け、マルタは事(つか)へ、ラザロはイエスと共に席に著ける者の中にあり。マリヤは價(あたひ)高き混りなきナルドの香油(にほひあぶら)一斤(いつきん)を持ち來りて、イエスの御足(みあし)にぬり、己(おの)が頭髮(かみのけ)にて御足を拭ひしに、香油のかをり家(いへ)に滿ちたり。御弟子(みでし)の一人にて、イエスを賣らんとするイスカリオテのユダ言ふ、「何(なに)ぞこの香油を三百デナリに賣りて、貧まづしき者に施さざる。」。かく云へるは貧しき者を思ふ故にあらず、おのれ盜人(ぬすびと)にして、財囊(かねいれ)を預かり、その中に納むる物を掠(かす)めゐたればなり。イエス、言ひ給ふ、「この女の爲すに任せよ、我(わが)葬(はうむ)りの日のために之を貯へたるなり。貧しき者は常に汝らと偕(とも)に居(を)れども、我は常に居らぬなり。」。

   *

「圓き」「まろき」。穏やかな。

「雜色」「ざつしよく(ざっしょく)」。種々入り混じったがちゃがちゃとやや五月蠅く、低級な雑多な色彩。]

« 夜店   山村暮鳥 | トップページ | 春と若き人々の思想   山村暮鳥 »