フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 其處に何がある   山村暮鳥 | トップページ | 耳をもつ者に聞かせる詩   山村暮鳥 »

2017/03/23

憂鬱な大起重機の詩   山村暮鳥

 

  憂鬱な大起重機の詩

 

ぐつと空中に突きだした

腕(うで)だと思へ

いま大起重機は動いた

重い大きなまつ黑いものをひつ摑んで

それを輕輕と地面から空中へひき上げた

微風すらない

此の靜謐をなんと言はうか

怖しいやうな日和だ

蟻のやうに小さく

大きな重いものの取去られたところに群がつて

うようよ蠢動(うごめ)いてゐる人人

大起重機のたしかな力をみろ

その大浪のやうな運動を

その大きな沈默を

ああ大起重機の憂鬱!

ああ大起重機の怪物!

此の不可思議な怪力に信賴しろ

それの動いて行く方向をみつめて大空を仰いでゐる人人

それを据附けたのは何ものだ

それをこしらへたのはどの手だ

それを考へれば

ああこれは人間以上の人間業(わざ)だとすぐ解ることだ!

人間は自然を征服した!

今こそ人間は一切の上に立つべきだ

太陽も眩暈(めくる)めくか

ああ人間は自然を征服したか

ああ

けれど人間は悲しい

此の大起重機にその怪力を認めた瞬間から

まつたく憐れな奴隷となつた

そして蟻のやうに小さくなつた

それがどうした

それがどうした

かんかん日の照る地球の一てんに跪坐(ひざまづ)いて此の大怪物を禮拜しろ

ああ此の憂鬱な大起重機の壯麗!

ああ此の憂鬱な大起重機の無言!

 

« 其處に何がある   山村暮鳥 | トップページ | 耳をもつ者に聞かせる詩   山村暮鳥 »