フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鴉   山村暮鳥 | トップページ | 雪   山村暮鳥 »

2017/04/01

走馬燈   山村暮鳥

 

  走馬燈

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

 

――走馬燈がまはりはじめた

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

だいじな、だいじな

帽子(ちやつぽ)を風めに

ふきとばされたよ

  さあ、たいへん

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

くるりとまくつた

お臀がまつくろけだ

鍋底みたいだ

  すたこら、すたこら

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

おうい、おうい

おいらのちやつぽだ

だいじなちやつぽだ

けえしてくんろよ

  すたこら、すたこら

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

それでも風めは

へんじもしなけりや

みむきもしないで

とつとと逃げてく

  どうしたもんだべ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

あんまり

心配しないがよかんべ

鴉が笑つてら

  ばかあ、ばかあ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

と云つてちやつぽが

けえつてこねえだら

それこそ

嬶どんの大(でつ)かいお目玉

  どうしたもんだべ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

いたずら風めは

浮氣な奴だで

ちよいとだまして

つれてはゆくけど

  すぐまた捨てるよ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

それではちやつぽは

風めの野郎と

逃げてつたんかい

そうとはしらなかつた

  ああん、あああん

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

泣きながらおつかけた

おつかけながら泣いた

なんちうせわしいことだがな

  ああん、あああん

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

たうとうそれでも

ふん捕まへたよ

ふんづかまへたが

帽子はびしよぬれ

  どうしたもんだべ

 

それもそのはづ

溝渠(どぶ)があつたので

飛び越えやうとした時

どうしたはづみか

  ばつたりおつこつただ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

風めは薄情で

それをみるなり

どこへか行つちやつた

薄情でなくとも

  どうしようもないのだ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

びしよぬれちやつぽを

頭蓋(あたま)のてつぺんさ

ちよこんとのつけて

  にこにこにこにこ

 

そして言ふのさ

(これでも親爺の

ゆづりのちやつぽだ

親爺の頭は

ほんとにでかかつた

おいらがかぶると

すぽりと肩まで

はいつてしまふだ

それを智慧者のうちの嬶どんが

新聞紙まるめて

つツこんでくれただ

いまもいまとて

ぬれてはゐるけん

かうしてかぶつてゐるまに乾くと

もともとどほりの

立派なちやつぽだ

それにつけても風の野郎め

油斷はなんねえ

いつまた、こつそり

くるかもしれねえ

 

これは

なんでもかうして兩手で

かぶつた上から

年ケ年中

おさへてゐるのに

  かぎるやうだ)

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

(これだけあ

子どもに

このまた帽子をゆづるときにも

よく云つてきかせて

  やらずばなるめえ)

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

(なにがなんでも

無事で

帽子がもどつてよかつた

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるり

ぐるり

ぐ……る……り……

 

――走馬燈、ぴたりととまつた

 

[やぶちゃん注:以下の連、

「それもそのはづ

溝渠(どぶ)があつたので

飛び越えやうとした時

どうしたはづみか

  ばつたりおつこつただ」

の「はづ」及び「越えやう」はママ。

「すぽりと肩まで」は彌生書房版全詩集版では「すつぽりと肩まで」である。

 彌生書房版全詩集版。拗音表記はそのまま採用した。

   *

 

  走馬燈

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

 

――走馬燈がまはりはじめた

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

だいじな、だいじな

帽子(ちやつぽ)を風めに

ふきとばされたよ

  さあ、たいへん

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

くるりとまくつた

お臀がまつくろけだ

鍋底みたいだ

  すたこら、すたこら

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

おうい、おうい

おいらのちやつぽだ

だいじなちやつぽだ

けえしてくんろよ

  すたこら、すたこら

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

それでも風めは

へんじもしなけりや

みむきもしないで

とつとと逃げてく

  どうしたもんだべ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

あんまり

心配しないがよかんべ

鴉が笑つてら

  ばかあ、ばかあ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

と云つてちやつぽが

けえつてこねえだら

それこそ

嬶どんの大(でつ)かいお目玉

  どうしたもんだべ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

いたずら風めは

浮氣な奴だで

ちよいとだまして

つれてはゆくけど

  すぐまた捨てるよ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

それではちやつぽは

風めの野郎と

逃げてつたんかい

そうとはしらなかつた

  ああん、あああん

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

泣きながらおつかけた

おつかけながら泣いた

なんちうせわしいことだがな

  ああん、あああん

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

たうとうそれでも

ふん捕まへたよ

ふんづかまへたが

帽子はびしよぬれ

  どうしたもんだべ

 

それもそのはず

溝渠(どぶ)があつたので

飛び越えようとした時

どうしたはづみか

  ばつたりおつこつただ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

風めは薄情で

それをみるなり

どこへか行つちやつた

薄情でなくとも

  どうしようもないのだ

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ゐなかのおぢさん

びしよぬれちやつぽを

頭蓋(あたま)のてつぺんさ

ちよこんとのつけて

  にこにこにこにこ

 

そして言ふのさ

(これでも親爺の

ゆづりのちやつぽだ

親爺の頭は

ほんとにでかかつた

おいらがかぶると

すつぽりと肩まで

はいつてしまふだ

それを智慧者のうちの嬶どんが

新聞紙まるめて

つッこんでくれただ

いまもいまとて

ぬれてはゐるけん

かうしてかぶつてゐるまに乾くと

もともとどほりの

立派なちやつぽだ

それにつけても風の野郎め

油斷はなんねえ

いつまた、こつそり

くるかもしれねえ

 

これは

なんでもかうして兩手で

かぶつた上から

年ケ年中

おさへてゐるのに

  かぎるやうだ)

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

(これだけあ

子どもに

このまた帽子をゆづるときにも

よく云つてきかせて

  やらずばなるめえ)

 

ぐるぐる

ぐるぐる

 

(なにがなんでも

無事で

帽子がもどつてよかつた

 

ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるり

ぐるり

ぐ……る……り……

 

――走馬燈、ぴたりととまつた

 

   *]

 

« 鴉   山村暮鳥 | トップページ | 雪   山村暮鳥 »