フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« くちぶえ   山村暮鳥 | トップページ | はげしく雨が………   山村暮鳥 »

2017/04/01

ちらほらと………   山村暮鳥

  

[やぶちゃん注:実はこの間に、底本では「こどもの詩」と題する詩篇が入っているところがこれは先の詩集「梢の巣にて」の「地を嗣ぐもの」の内容と完全に相同の詩篇であり、題名が違っても、これでは再掲する要を感じさせないし、彌生書房版全詩集版も載っていない。或いは山村暮鳥の仮題であった「地を嗣ぐもの」の相同稿が紛れ込んで活字化されてしまったものかも知れぬ。事実は事実として述べおく。リンク先の「地を嗣ぐもの」という題を「こどもの詩」という題(どうもこの題自体、何だか、やや臭う)と読み換えて読まれたい。]

 

 
 

  ちらほらと………

 

ちらほらと櫻がさいた

寂しい街のひるすぎ

活動寫眞の樂隊がほこりを蹴立てて

ゆきすぎたそのあとに獨り

自分はしよんぼり考へてゐた

おおさくら

彼がゆすればその木の下で

自分はぢつと跪座瞑目

自分がゆすれば彼は彼とて

はららちるさくらのはなをよろこんで

そこで鯱鋒立をした

おおさくら

ひがんざくら

 

[やぶちゃん注:標題下のリーダは彌生書房版全詩集版では六点。
 
「おおさくら」この表記文字列では「おお」は感動詞となるが、山村暮鳥は感動詞の後に読点を打つ傾向ある。但し、打たないケースもあり、ここはそれと考えて良いであろう。「大櫻」(おほさくら)では歴史的仮名遣として誤りであり、感動表現がなくなると、この詩篇の持つインパクトが著しく減衰してしまうと思うからである。大方の御叱正を俟つ。

「ひがんざくら」バラ目バラ科サクラ属エドヒガン(江戸彼岸)Cerasus spachiana var. spachiana forma ascendens 。桜の野生種(変種品種(この場合の品種(forma)は園芸品種の意ではなく、自然(野生)状態で、形態などに於いては明確な相違があって区別可能であるものの、同じ地域の同種個体群とは生殖的に隔離されていない個体群を指す)の一つ。]

 

« くちぶえ   山村暮鳥 | トップページ | はげしく雨が………   山村暮鳥 »