フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 時計   山村暮鳥 | トップページ | 雪景   山村暮鳥 »

2017/04/01

黑い土   山村暮鳥

 

  黑い土

 

ふかいふかい松林の中に

一すぢの細徑がある

その徑のほとり

けふ、そこをとほると

その棘や篠竹のおひしげつてゐたところが

疊二三枚ほど削られ

そこに

一つの窓ができてゐた

 

自分の脚はぴたりととまつた

自分は地面の

その窓にひきつけられて

しみじみとそれをながめた

まあ、なんといふ黑い土だらう

それからまたその沃えやうは

むつちりと

ゑみさけるばかりにもりあがり

もりあがつたところは、それこそ

健康な處女の裸のからだでもみるやうである

 

むつちりと

そして黑い天鷲絨の肌

匂ひもつよく、かつ深く

その眞實をこめた新鮮さは

淸酒のやうにも自分のまなこに滲むのである

自分の、このつかれおとろへたまなこに

これでも土は生きてゐないか

 

雪に埋もれて

ながいあひだかくれてゐたのだ

それがいま春となり

その雪があとかたもなくなつたので

かうして自分の目についたのだ

 

おう、まだ人間の感觸をしらない

日光をちらりと一どうけたことさへない

大地の窓よ

自分はあまりのうれしさに掌をあててみずにはゐられなかつた

その土に

その土に

もしや大地の脈搏でも感じうるかと

 

おう、土よ、生けるものよ

その黑さには太古のかほりがただよつてゐる

その一つの窓によつて

自分は大地を信ずるのだ

自分達人間のひとときも離れられないその大地を

自分はいま

その内部の永遠なるものに

かく、うまれてはじめて嬰兒のやうに接觸した

 

自分がみたのは

ほんとの、ほんとの土である

その中に

どんな種子でもおろしてみろ

 

自分はあまりのうれしさに

さらに母の乳房をでもひつつかむやうに一握り

一口頰ばつてみたらば、と

その土を摑んだ

だが、それは頰ばり貪るにすら

あまりにあまりに勿體なすぎるではないか

自分は土の靈に憑かれた

自分はそれをつかんだまま

ふかいふかい松林の中のそのほそい寂しい一すぢの徑を

どこまでもどこまでもあるいて行つた

うれしさに

大地の窓、ほんとのほんとの土をみたそのうれしさに驅けだし

ときどきは大聲をはりあげ

また、翼もないのに天たかく舞ひあがらうとさへしながら

 

[やぶちゃん注:「徑」の字は彌生書房版全詩集版では三ヶ所とも「逕」である。

 彌生書房版全詩集版。

   *

 

  黑い土

 

ふかいふかい松林の中に

一すぢの細逕がある

その逕のほとり

けふ、そこをとほると

その棘や篠竹のおひしげつてゐたところが

疊二三枚ほど削られ

そこに

一つの窓ができてゐた

 

自分の脚はぴたりととまつた

自分は地面の

その窓にひきつけられて

しみじみとそれをながめた

まあ、なんといふ黑い土だらう

それからまたその沃えやうは

 

むつちりと

ゑみさけるばかりにもりあがり

もりあがつたところは、それこそ

健康な處女の裸のからだでもみるやうである

むつちりと

そして黑い天鷲絨の肌

匂ひもつよく、かつ深く

その眞實をこめた新鮮さは

淸酒のやうにも自分のまなこに滲むのである

自分の、このつかれおとろへたまなこに

これでも土は生きてゐないか

 

雪に埋もれて

ながいあひだかくれてゐたのだ

それがいま春となり

その雪があとかたもなくなつたので

かうして自分の目についたのだ

 

おう、まだ人間の感觸をしらない

日光をちらりと一どうけたことさへない

大地の窓よ

自分はあまりのうれしさに掌をあててみずにはゐられなかつた

その土に

その土に

もしや大地の脈搏でも感じうるかと

 

おう、土よ、生けるものよ

その黑さには太古のかほりがただよつてゐる

その一つの窓によつて

自分は大地を信ずるのだ

自分達人間のひとときも離れられないその大地を

自分はいま

その内部の永遠なるものに

かく、うまれてはじめて嬰兒のやうに接觸した

 

自分がみたのは

ほんとの、ほんとの土である

その中に

どんな種子でもおろしてみろ

 

自分はあまりのうれしさに

さらに母の乳房をでもひつつかむやうに一握り

一口頰ばつてみたらば、と

その土を摑んだ

だが、それは頰ばり貪るにすら

あまりにあまりに勿體なすぎるではないか

自分は土の靈に憑かれた

自分はそれをつかんだまま

ふかいふかい松林の中のそのほそい寂しい一すぢの逕を

どこまでもどこまでもあるいて行つた

うれしさに

大地の窓、ほんとのほんとの土をみたそのうれしさに驅けだし

ときどきは大聲をはりあげ

また、翼もないのに天たかく舞ひあがらふとさへしながら

 

   *

最終行「舞ひあがらふ」はママ。不審。

 

« 時計   山村暮鳥 | トップページ | 雪景   山村暮鳥 »