フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日あたりに………   山村暮鳥 | トップページ | 雜草   山村暮鳥 »

2017/04/02

一枚の櫛   山村暮鳥

 

  一枚の櫛

 

子どもらと茱萸(ぐみ)採りにゆき

海岸のがけつぺの

ばらやぶの中で

一枚の櫛をひろつた

二十前後のをんなのものだ

茱萸(ぐみ)は一粒もなかつた

それにしても

どうしてあんなところに櫛は落されたのだらう

それがなんとしても

不思議でならない

だから、いつまでたつても

かうしてわすれられずにゐるのだ

 

[やぶちゃん注:「茱萸(ぐみ)」バラ目グミ科グミ属 Elaeagnus のグミ類。ウィキの「グミ植物)より引く。『常緑または落葉の低木でつる性のものもある。また常緑性種は耐陰性があるが耐寒性は弱く、落葉樹性は強い。葉は互生し、葉や茎には毛が多い。また茎にはとげがある。花は両性または単性、がくは黄色で筒状、先が』四裂し、雄蕊が四本『つく。花弁はない』。『虫媒花で』『前年枝の節から伸びた新』しい『梢に開花結実する。開花後、萼筒の基部が果実を包んで肥厚し』、『核果様になる。果実は楕円形で赤く熟し、渋みと酸味、かすかな甘味があって食べられる。形はサクランボに似る。リコピンを多く含むが、種によってはタンニンを含むため、渋みが強いことがある。ときおり虫が入っていることもあるので注意が必要である』。根には放線菌門放線菌綱フランキア目フランキア科フランキア属Frankiaが共生していて、彼らが『窒素固定を行うので、海岸などのやせた土地にも育つ』。『方言名に「グイミ」がある。グイはとげのこと、ミは実のことをさし、これが縮まってグミとなったといわれる。その他に中国地方ではビービー、ブイブイ、ゴブなどとも呼ばれている』とある。

「がけつぺ」崖っ端(ぱし)。断崖(がけ)の端(へ)。公開分では類似な使用例が詩集「土の精神」のの中に『懸崖(がけつぺ)』として出る。]

 

« 日あたりに………   山村暮鳥 | トップページ | 雜草   山村暮鳥 »