フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 赤い林檎(十四篇)   山村暮鳥 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「家屋倒壞」 »

2017/04/03

店頭にて(三篇)   山村暮鳥 /詩集「雲」~了

 

 店頭にて

 

おう、おう、おう

ならんだ

ならんだ

日に燒けた

聖フランシス樣のお顏が

ずらりとならんだ

綺麗に列んだ

 

[やぶちゃん注:「聖フランシス」中世イタリアにおける最も著名な聖人の一人で、フランシスコ会創設者として知られるカトリック修道士「アッシジのフランチェスコ」(Francesco d'Assisi:ラテン語:Franciscus Assisiensis 本名・ジョヴァンニ・ディ・ピエトロ・ディ・ベルナルドーネ:Giovanni di Pietro di Bernardone 一一八二年~一二二六年)のことと思われるが、果物(恐らくは林檎)の比喩は伝承からはよく判らぬ。或いは彼がシリやモロッコへの伝道も試み(事実は辿りつけなかったり、病で断念したりした)その後も国外への宣教として東方を伝道、エジプトへ赴いたりした状況を想像して、「日に燒けた」「聖フランシス樣のお顏」をイメージしたものかも知れぬ。]

 

 

 

 おなじく

 

錢で賣買されるには

あんまりにうつくしすぎる

店のおかみさん

こんなまつ赤な林檎だ

見も知らない人なんかに

賣つてやりたくなくはありませんか

 

 

 

 おなじく

 

いいお天氣ですなあ

とまた

しばらくでしたなあ

おや、どこだらう

たしかにいまのは

榲桲(まるめろ)の聲だつたが………

 

[やぶちゃん注:実は原典では最終行頭の「榲桲(まるめろ)」は「榲楠(まるめろ)」となっている。「榲楠」では「まるめろ」とは読まないし、字形から見て、これは印刷所の誤植の可能性が限りなく高い。先に「ひぐらし」では正しい漢字とすることを拒否したが、ここについては既に暮鳥が過去の詩篇で正しい「榲桲」の表記で、バラ目バラ科シモツケ亜科ナシ連ナシ亜連マルメロ属マルメロ Cydonia oblonga を登場させていること、彼の好きな果実であった以上、これはルビが附されてあり、誤読・誤認の可能性はないとしても、特異的に訂することとした。無論、彌生書房版全詩集版でも「榲桲」となっている。

 本詩篇三篇を以って詩集「雲」は終わっている。]

 

« 赤い林檎(十四篇)   山村暮鳥 | トップページ | 柴田宵曲 續妖異博物館 「家屋倒壞」 »