フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ある時(十六篇)   山村暮鳥 | トップページ | 山村暮鳥全詩電子化注完遂 »

2017/04/04

卷末の詩   山村暮鳥

 

   卷末の詩

 

さて、さて林檎よ

おまへはなんにもいつてくれるな

それでいい

それでいい

そうはいつても

うるさからうがな

こつそりと

ころりと一ど

わたしにだけでも

ころげてみせてくれたらのう

お、お、りんごよ

 

[やぶちゃん注:「そうはいつても」はママ。本詩篇を以って山村暮鳥詩集「月夜の牡丹」の本文は終わって、いる。

 

この後に編者花岡謙二の「詩集の後に」が続くが、花岡の著作権は存続しているので、電子化しない。その叙述によれば、冒頭、『山村暮鳥が死んでから、もう一年半になる』で始まり、本詩集「月夜の牡丹」に収録された詩篇は山村暮鳥の死(大正一三(一九二四)年十二月八日)の直近である同年の初冬に書かれたものであるとする。また、前回の詩集「雲」については『作者自ら校正までして、その本の出來上らぬうちに死んだのであるが、本集は全く作者の知らないことである』とし、原稿は未亡人山村富士が『整理して書留郵便で送って下すつたものの』、詩集出版から発行その他は『全く私の獨斷である』と明記している。その後の下りは重要なので少し纏めて引用しておくと、『校正をしながら、何處かで「餘計なことはするな」と言つたかとおもふと、或る時は暮鳥の溫顏が天上に浮んで、「ありがたう」と言つてゐるやうにもおもへた』としていている。この『餘計なこと』は非常に気になる。これは詩集刊行全体へのみ限った暮鳥の天国からの声なのではなく、花岡の独断的編集(パート編集)に止まらず、暗に原稿の改変をさえも匂わせるからである。さらに続いて、『原稿には題の無い詩が多かつた。只でもつけておかうとおもつたが、奥さんともご相談して、「ある時」とした。これは著者が好んで用ゐた題であつた』とある。このことから、本詩集に限って言うなら、実は「ある時」(パート標題「或る時」は無論)という詩題の多くは実は無題であるということである。それは「ある時」を頭の詩篇とする厖大な「おなじく」も〈同じく〉であるということを意味していると考えてよいと私は思う。これは私にはかなり意外な事実であったし、そのような操作がなされているものとして本詩集の「ある時」を読んできた読者は実は少ないのではないかと杞憂するので特に注意を喚起しておきたく、引いておく。最後の方で花岡は『本書は第五詩集「雲」に發表しきれない全部を一篇も殘さず採錄した。小さいながら、完全に彼が最後の詩集(第六詩集)となつた譯である』と記している。この後書のクレジットは『大正十五年夏』で、その後の奥附の『出版』は(印刷は同年七月十日)手書き訂正されて同年八月一日(塗りつぶしてあるので印刷はよく判らないが、元は七月十■日らしく判読する)である。]

« ある時(十六篇)   山村暮鳥 | トップページ | 山村暮鳥全詩電子化注完遂 »