フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ある時(向日の林檎)   山村暮鳥 | トップページ | くちぶえ   山村暮鳥 »

2017/04/04

ある時(六篇)   山村暮鳥

 

   ある時

 

いいお天氣ですなあ

と、またしばらくでしたなあ

たしかに鼻さきだとおもつた

榲桲のこゑだとおもつた

馬鹿、馬鹿

そんなのを天耳(しらみゝ)つていふんだわ

 

 

 

   おなじく

 

いいお天氣ですなあ

とでもいひたげな

これは

これは

眞冬

まつ赤な

日向の林檎である

 

 

 

   おなじく

 

ぽつかりと

月がでた

屋根にだれかあがつてゐる

いい晩だな……

 

 

 

   おなじく

 

ぽつかりと

月がでた

隣りの屋根にも

だれかあがつてゐるようだ

 

[やぶちゃん注:「ようだ」はママ。]

 

 

 

   おなじく

 

小さな赤い粒々である

すばしこい灌木の實である

あつちでも

こつちでも

ぼさぼさした茂みのあたりで

さがされてゐるのは──

春だ、春だ

道行く人にも

ちよつと足をとめさせる

 

こどもたちは

いちはやくも、それで

可愛い唇(くち)ばたを染めたりしてゐる

 

[やぶちゃん注:彌生書房版全詩集版では重大な相違がある。最終行が「可愛い唇(くち)ばたを染めたりしてゐる」ではなく、「可愛い」がない「唇(くち)ばたを染めたりしてゐる」だからである。]

 

 

 

   おなじく

 

春のよふけは

氣味惡いほど靜隱(しづか)だ

なにかが

みんなとろけてしまつたようだ

本を讀んでゐると

遠くの方がひとところ

馬鹿ににぎやかになりだした

なんだらう

いまごろ

あんまりしづかなよふけなので

そこだけぽつかりと明るく

まるで大きな牡丹でもさいてるようにおもはれる

喧嘩のようだな

 

[やぶちゃん注:三行目「ようだ」、最終行「ようだな」はママ。実はこの詩篇は彌生書房版全詩集版ではカットされている同様の酷似した詩篇はある。確かに。例えば、詩集「て」冬」である(リンク先と対照されたい)。しかし、それは極めて相似形ではあるが、相同ではない相似によってカットしたのであれば、それは完全に理不尽というべきものである。私はこれを掲げるものである。酷似する相似というなら、山村暮鳥には実は腐るほど、あるのではないか!?!]

 

« ある時(向日の林檎)   山村暮鳥 | トップページ | くちぶえ   山村暮鳥 »