フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« お月さん   山村暮鳥 | トップページ | 晝   山村暮鳥 »

2017/04/04

ある時(六篇)   山村暮鳥

 

   ある時

 

木の葉がむしられてゐる

木の葉があらしに……

それをみて自分は

自分がむしられてゐるやうに感じた

 

そんなことも、また

冬の眺望の一つであるか

 

 

 

   おなじく

 

こどもでも

さがしまはつてゐるんぢや

        あるまいか

一羽の山雀(やまがら)だ

いい聲だが

いかにもさびしく

かなしさうだ

まつたく

ゆふべのあらしときたら

めつぽうひどく強かつたからな

 

[やぶちゃん注:「山雀(やまがら)」スズメ目スズメ亜目シジュウカラ科シジュウカラ属ヤマガラ Parus variusウィキの「ヤマガラによれば、全長十三~十五センチメートル。『頭部は黒い羽毛で被われ、額から頬、後頸部にかけて明色斑が入る。下嘴基部(腮)から胸部にかけて黒い帯模様が入る。尾羽の色彩は黒褐色。初列風切や次列風切の色彩は黒褐色で、羽毛の外縁(羽縁)は青みがかった灰色。雨覆や三列風切の色彩は青みがかった灰色』。『嘴の色彩は黒い。後肢の色彩は青みがかった灰色。卵は白い殻で覆われ、淡褐色や青みがかった灰色の斑点が入る』。標高千五百メートル以下の『常緑広葉樹林や落葉広葉樹林に生息する。和名は山に生息する事に由来するが、山地から平地にかけて生息する。標高』千メートル『以上の場所に生息する個体は、冬季になると標高の低い場所へ移動する。同科他種と混群を形成する事もある』。『食性は雑食で、昆虫、クモ、果実などを食べる。主に樹上で採食し夏季は主に動物質を、冬季は主に果実を食べる。堅い果実は後肢で挟み、嘴でこじ開けて中身を食べる。また樹皮などに果実を蓄える事(貯食)もある』。『樹洞に』『皿状の巣を作り』、三~六月に三~八個の『卵を産む。メスが抱卵し、抱卵期間は』十二~十四日で、『雛は孵化してから』十八~二十日で『巣立つ』。『日本では、本種専用の「ヤマガラかご」を使い』、『平安時代には飼育されていた文献が遺されている。学習能力が高い』ことから、『芸を仕込む事もでき、覚えさせた芸は江戸時代に盛んに披露された。特におみくじを引かせる芸が多く』、一九八〇年頃までは『神社の境内などの日本各地で見られた。そのため』、『年輩者には本種はおみくじを引く小鳥のイメージが強いが、おみくじ芸自体は戦後になってから流行し』、『発展してきたもので、曲芸は時代の変化とともに変遷してきた事が記録から読み取れる。しかし鳥獣保護法制定による捕獲の禁止、自然保護運動の高まり、別の愛玩鳥の流通などにより、これらの芸は次第に姿を消してゆき』、一九九〇年頃には『完全に姿を消した。このような芸をさせるために種が特定され』、『飼育されてきた歴史は日本のヤマガラ以外、世界に類例を見ない』。なお、一九四五年以降、『滅するまで代表的だったおみくじ引き以外にも』、「つるべ上げ」・「鐘つき」・「かるたとり」・「那須の与一」・「輪ぬけ芸」『があった』とある。私は幸いにして、ここに上った芸の殆んど総てを幼少の頃に見た記憶がある。]

 

 

 

   おなじく

 

怒(おこ)るだけおこつてしまつて

につこりわらつたようだつて

ああ、いい

大暴風雨(おほあらし)なんかが

どこにあつたつていふんだ

どうだい

まつすぐだなあ

煙突のけむり

とにかく天までとどいてゐる

 

[やぶちゃん注:「ようだつて」はママ。]

 

 

 

   おなじく

 

靜かな晩秋である

やみあがりの自分は

蒲團の上にきちんとすはつて

讀書してゐる

 

いやに冷々する日だ

こほろぎが

壁に錐でももみこむやうな

すがれた聲で啼いてゐる

 

おや、いつのまにか

自分のこころは

 

 

 

   おなじく

 

おや、いつのまにか

自分のこころも

なんとなくうすぐらくなつた

靜かな晩秋である

ちろちろと

赤い小さな灯(ともしび)が

もうそのくらがりには

    ともされてゐる

そんな氣がする

 

 

 

   おなじく

 

くさむらで啼く蟲々は

音色(ねいろ)で生きてゐるのである

いや、音色がいきてゐるのである

その音色のたふとさ

そのはかなさ

 

« お月さん   山村暮鳥 | トップページ | 晝   山村暮鳥 »