フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 田園風景   山村暮鳥 | トップページ | 雪について   山村暮鳥 »

2017/04/01

庭の一隅   山村暮鳥

 

  庭の一隅

 

庭のひあたりはいい

なんといふ幸福さうな鷄だらう

 

そこらをあるきまはつて

餌をあさるやうにみせかけてゐるをんどりが

ときどき

くすぐつたいやうな聲をだしては呼ぶ

こ、こ、こ、こ、こ

雌鷄はまたかといつたやうな恰好

だまされるのは百も承知で

それでもよばれたところへ驅けつけてみる

案の條、なんにもない

をんどりが趾や嘴でひつかきまはしたところをのぞいてみる

けれど穀粒一つあるもんか

うろうろしてゐると雄鷄の奴

いきなり翼を箕のやうにべろりとひろげて

ばさばさとわざとらしい音をさせ

子どもらがちやうど

ちんちんもがもがでもするやうな身振で

すりよつてきて

雌鷄を弄(からか)ふ

めんどりもまんざらいやでもないのだらう

さうされると

それでもそぶりばかりには

ひらりと橫に飛びのいてみせる

さうしたときにはけつしておつぷせられないのを

よく知りぬいてゐるくせに──

 

庭のひあたりはいい

なんといふ幸福さうな鷄だらう――

 

[やぶちゃん注:「ちんちんもがもが」片足で飛び跳ねて遊ぶ「けんけん」「けんけんぱ」の別称。語源は問題があり、怪我や障碍によって片足が思うように動かせない人を意味した差別用語の「ちんば」が訛ったものとされる。

 彌生書房版全詩集版。ルビが増加している。

   *

 

  庭の一隅

 

庭のひあたりはいい

なんといふ幸福さうな鷄だらう

 

そこらをあるきまはつて

餌をあさるやうにみせかけてゐるをんどりが

ときどき

くすぐつたいやうな聲をだしては呼ぶ

こ、こ、こ、こ、こ

雌鷄(めんどり)はまたかといつたやうな恰好

だまされるのは百も承知で

それでもよばれたところへ驅けつけてみる

案の條、なんにもない

をんどりが趾(あし)や嘴でひつかきまはしたところをのぞいてみる

けれど穀粒一つあるもんか

うろうろしてゐると雄鷄の奴

いきなり翼(はね)を箕のやうにべろりとひろげて

ばさばさとわざとらしい音をさせ

子どもらがちやうど

ちんちんもがもがでもするやうな身振で

すりよつてきて

雌鷄を弄(からか)ふ

めんどりもまんざらいやでもないのだらう

さうされると

それでもそぶりばかりには

ひらりと橫に飛びのいてみせる

さうしたときにはけつしておつぷせられないのを

よく知りぬいてゐるくせに──

 

庭のひあたりはいい

なんといふ幸福さうな鷄だらう――

 

   *]

« 田園風景   山村暮鳥 | トップページ | 雪について   山村暮鳥 »