フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ある時   山村暮鳥 | トップページ | 馬   山村暮鳥 »

2017/04/03

こども(十一篇)   山村暮鳥

 

 こども

 

山には躑躅が

さいてゐるから

おつこちるなら

そこだらうと

子どもがいつてる

かみなり

かみなり

躑躅がいいぢやないか

 

[やぶちゃん注:「躑躅」「つつじ」。ツツジ目ツツジ科ツツジ属 Rhododendron のツツジ類を総称するが、ここは日本の野生ツツジの代表種で日本の野生ツツジでは分布域が最も広い、ツツジ属ヤマツツジ Rhododendron kaempfer ととりたい。]

 

 

 

 おなじく

 

おや、こどもの聲がする

家のこどもの泣聲だよ

ほんとに

あんまり長閑(のどか)なので

どこかとほいとほい

お伽噺の國からでもつたはつてくるようにきこえる

いい聲だよ、ほんとに

 

[やぶちゃん注:「ように」はママ。]

 

 

 

 おなじく

 

ぼさぼさの

生籬の上である

牡丹でもさいてゐるのかと

おもつたら

まあ、こどもが

わらつてゐたんだよう

 

 

 

 おなじく

 

千草(ちぐさ)の噓つきさん

とうちやんの

おくちから

蝶々が

飛んでつた、なんて

 

[やぶちゃん注:「千草」山村暮鳥の次女。]

 

 

 

 おなじく

 

とろとろと瞳々(めゝ)

とろけかかつたその瞳々

ねむたかろ

子どもよ

さあ林檎だ、林檎だ

まつ赤な奴だぞ

 

 

 

 おなじく

 

まづしさのなかで

生ひそだつもの

すくすくと

ほんとに筍のやうだ

子どもらばかり

 

 

 

 おなじく

 

こどもよ、こどもよ

燒けたら宙に放りあげろ

とうもろこしは

風で味よくしてたべろ

風で味つけ

よく嚙んでたべろ

 

[やぶちゃん注:「とうもろこし」はママ。]

 

 

 

 おなじく

 

まんまろく

まんまろく

どうやら西瓜ほどの大きさである

だが子どもは呍(い)つた

お月さんは

美味(うま)さうでもねえなあ

 

 

 

 おなじく

 

こどもはいふ

たくさん頭顱(あたま)を

叩かれたから

それで

大人(おとな)は悧巧になつたんだね

 

 

 

 おなじく

 

篠竹一本つつたてて

こどもが

家のまはりを

駈けまはつてゐる

ゆふやけだ

ゆふやけだ

 

[やぶちゃん注:「篠竹」笹(根笹)の別称。植物学的には被子植物門単子葉植物綱イネ目イネ科タケ亜科タケ連Bambuseae(広義。但し、単系統でないことが判明し、現在、分割案が提起されている)の中の、小形の竹の通俗の総称。]

 

 

 

 おなじく

 

こどもが

なき、なき

かへつてきたよ

どうしたのかときいたら

風めに

ころばされたんだつて

おう、よしよし

こんどとうちやんがとつつかまへて

ひどい目にあはせてやるから

 

« ある時   山村暮鳥 | トップページ | 馬   山村暮鳥 »