フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 星天に讃す   山村暮鳥 | トップページ | 庭の一隅   山村暮鳥 »

2017/04/01

田園風景   山村暮鳥

 

  田園風景

 

石つころを嚙み嚙み

がらがら、がらがら

がた馬草が

とほつていつたよ

 

がた馬車には

どこかのおばあさんと

その孫らしい

赤いてがらの娘つ子とが

のつてゐただよ

 

あんまりゆれるだで

二つの首が

ゆらりくらりと

まるで首ふり人形のやうであつたよ

 

なんといつてものう

あれでははなしどころか

くちをあけて

わらふことさえ

まんぞくにはできないだんべ

 

どつちをみても

ひろいひろい麥圃(むぎばたけ)と

あいかはらずの蒼空だ

それから

どこまでもどこまでもつづいてゐる

このでこぼこの

すなつぽこりの

曲りくねつた一本の田舍道さ

 

なにもかもみんな

どうせ、すぐまたぐつすりと

ねこんでしまふにきまつてゐるだあ

 

まあ、まあ

なんて美味(うま)さうな馬糞(まぐそ)だんべ

ほかほかとけむりがたつて

 

それはさうと

がらから、がらがら

石つころを嚙み嚙み

とほつていつたがた馬車は

おや、もうどこかへ

手品のやうに

みえなくなつてしまつたよう

 

[やぶちゃん注:「わらふことさえ」「あいかはらず」はママ。

「てがら」想起される映像から推して「手絡(てがら)」で丸髷まるまげなどの根元に掛ける飾りの巾(きれ)のことであろう。色模様に染めた縮緬ちりめん)などを使う。

 彌生書房版全詩集版。

   *

 

  田園風景

 

石つころを嚙み嚙み

がらがら、がらがら

がた馬草が

とほつていつたよ

 

がた馬車には

どこかのおばあさんと

その孫らしい

赤いてがらの娘つ子とが

のつてゐただよ

 

あんまりゆれるだで

二つの首が

ゆらりくらりと

まるで首ふり人形のやうであつたよ

 

なんといつてものう

あれでははなしどころか

くちをあけて

わらふことさへ

まんぞくにはできないだんべ

 

どつちをみても

ひろいひろい麥圃(むぎばたけ)と

あひかはらずの蒼空だ

それから

どこまでもどこまでもつづいてゐる

このでこぼこの

すなつぽこりの

曲りくねつた一本の田舍道さ

 

なにもかもみんな

どうせ、すぐまたぐつすりと

ねこんでしまふにきまつてゐるだあ

 

まあ、まあ

なんて美味(うま)さうな馬糞(まぐそ)だんべ

ほかほかとけむりがたつて

 

それはさうと

がらから、がらがら

石つころを嚙み嚙み

とほつていつたがた馬車は

おや、もうどこかへ

手品のやうに

みえなくなつてしまつたよう

 

   *]

 

« 星天に讃す   山村暮鳥 | トップページ | 庭の一隅   山村暮鳥 »