フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飛行機   山村暮鳥 / 「土の精神」詩群~了 | トップページ | 雪のリタニイ   山村暮鳥 »

2017/04/01

山村暮鳥詩集「萬物節」始動/序詩/騷擾

 

詩集「萬物節」

 

[やぶちゃん注:山村暮鳥の死後十六年後、昭和一五(一九四〇)年十二月十一日厚生閣刊の百田宗治編集責任(但し、「編纂後記」を読むに、問題のあった詩集「土の精神」同様、花岡謙二も関係しており、生前の暮鳥の校閲を経たものではない)になる詩集「萬物節」を国立国会図書館デジタルコレクションのの画像を底本として視認したが、先の「土の精神」では花岡の編集に困らせられたので、一応、私が活字本として所持する彌生書房版全詩集の第六版と校合した。

 但し、時間を節約するために菊池眞一氏の「J-TEXT」のこちらのテクストを加工データ(但し、漢字新字体。底本は私が活字本として所持する彌生書房版全詩集の第六版)として使用させて戴いた。ここに謝意を表する。]

 

 

 

萬物節

 

[やぶちゃん注:室生犀星の題字。]

 

 

 

      電線、憐憫なく

      さみしさの交叉で

      ふり堆積(つも)る光

      さらさら鳴る黍の葉

 

[やぶちゃん注:目次の後に扉で「1」(左頁)ときて、左下に『――未發表と思はれるもの』とある。以上の序詩は国立国会図書館デジタルコレクションの底本では、その「1」の裏(右頁)中央にポイント落ちで記されているものである。]

 

 

 

  騷擾

 

大旋風に捲きあげられた

木の葉つぱと塵挨と

あやふく屋根の大鴉も――と

この大都會の大空はどうだ

何もかも捲きあげろ

畠の野菜も家家も

街上の荷馬車も馬も私も

まつぴるまの幻想と一しよに……

 

[やぶちゃん注:彌生書房版全詩集版では六行目冒頭の「畠」が「畑」となっている。]

 

« 飛行機   山村暮鳥 / 「土の精神」詩群~了 | トップページ | 雪のリタニイ   山村暮鳥 »