フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 或る日曜日の詩   山村暮鳥 | トップページ | 眼でみたのでは………   山村暮鳥 »

2017/04/02

いのちのみちを………   山村暮鳥

 

  いのちのみちを………

 

いのちのみちをここまで

俺は踏みつけてきた

俺と一しよに

妻や子どもも俺のあとからふみつけてきた

 

おお神よ

凡てが正しい

とは俺達にしてほんとの言葉だ

俺達をとりまく

此の怖しいくらがり

此のひどいぬかるみ

 

纖弱い妻はあかんぼを背負ひ

子どもは血のだらだらとながれる足を引摺つてゐるのだ

 

みよ、俺達の上に

またしても俺達をめがけて

おお此の莊嚴さは

野獸のやうにのしかかるあらし

 

いのちのみちをここまで

俺はふみつけてきた

俺と一しよに

妻や子どもも俺のあとからふみつけてきた

 

俺達のうしろで

うようよと蛆蟲のやうに相集まり

俺達を罵るこゑごゑ

それがなんだ

そんなことで捩ぢ向けられるやうな此の首ではない

 

くるしみよ

一ど踏みつけてきた道を

どんなことがあらうと

くたばつても

二どとふまないつむじ曲りの俺

その俺の妻や子どもだ

 

それがどんなに美しくも

またそれがどんなに

大きな平和と幸福にみちた世界であらうとも

過ぎさつたものが何になるのだ

なんでもない

なんでもない

 

俺は前方をにらんでゐるのだ

どんなものでも來い

なんでもない

渦卷くあらし

おお人間の生きのくるしみ

前方からくるものばかりが力だ

打て!

それは俺達を強める

そればかりが愛で俺達を一ツ塊りにするのだ

 

いのちのみちをここまで

俺はふみつけてきた

俺と一しよに

妻や子どもも俺のあとからふみつけてきた

 

おお人間の生きのくるしみ

絶間なくかぎりなきくるしみ

その中で

俺の手は空ツぽだ

手にあるものはながくも伸びた爪ばつかり

だが俺はびくともしない

俺には鐵のやうな意志があるのだ

それから、みよ

それで前方を睨んでゐる

太陽のやうな二つの眼球と

 

[やぶちゃん注:標題下のリーダは彌生書房版全詩集版では六点。太字は原典では傍点「ヽ」。最終行の助詞「と」とその雰囲気からは未刊途絶作のように読める。

「纖弱い」前例ルビに徴すれば「かよはい」。

「そればかりが愛で俺達を一ツ塊りにするのだ」彌生書房版全詩集版は「そればかりが愛で俺達を一ツ塊にするのだ」と「り」が送られていない。]

 

« 或る日曜日の詩   山村暮鳥 | トップページ | 眼でみたのでは………   山村暮鳥 »