フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 朝かぜ   山村暮鳥 | トップページ | 此の眺望は生きてゐる   山村暮鳥 »

2017/04/02

太陽が見てゐる   山村暮鳥

 

  太陽が見てゐる

 

其處此處に大きな工場ができ

林のやうに煙突が立ち

その煤烟で

そらはまつ暗だ

げれど太陽は何もかもぢつと見てゐる

わたしらの先祖の墓場はどうなつてしまふことか

風をならす空中の電線

土龍の穴を橫切る瓦斯管

ここにわたしらは生きてゐる

そしてわたしらは餓ゑてゐる

ここでは人間よりも機械が寵愛されてゐるのだ

みろその機械にこきつかはれて

息もたえだえに喘いでゐる人間どものその蒼ざめた顏いろを

かうして此等の村々に殖えるのは

老人と野良犬と

それから醜い女ッ子と

乞食も何處へか行つてしまつた

まつたく雀や鴉ですら餌のないところにはゐられないのだ

而もそれすら歎くものもないのだ

ああ、何といふ怖しい世界だ

けふもけふとて人間をよく轢き殺すあの汽車めはながながと汽笛を鳴らし

大きな地響きを立てていくたびも此處を上下した

ああ着飾つてそれに乘つた人月

ああそして滅びながらもその血を吸はれるこころよさに

うつつなく眠りに橫はッた此の村々

それにひきかへて都會は日に日にでぶでぶと肥えたりのさばりかへつて

重々しく牙をとがらせ

村々の上に猛獸のやうにのしかかるのだ

その結局はどうなるか

いくら都會が榮えやうともそれは木で言ふたらば花々だ

根である村々が枯死してしまへばどうなるとおもふか

ああ、火花をちらす刹那の

歡樂

ああ、火花をちらす刹那の

歡樂

それだ、それだ

ひとびとの求めてゐるのは

 

何もかも太陽がみてゐる

 

赭土の瘦せた小さい穀物畠

そこに動いてゐるものは何か

その畝と畝との間にそれをさがしだせ

注意せよ

口はあれど啞のやう

耳はあれど聾者のやう

目はあるけれどもめくらのやう

ゆはず、語らず、見ず、聞かず

一念ひたすら鍬を手にして

われとわが食ふ穀物を作る農夫を

そして思へ

人間にとつて偉大なるものは砲彈ではない

それは樫の木のやうな腕であることを

またそれは金貨でもない

それは鐵の齒をもつてゐるやうな胃ぶくろであることを

地上一切萬物の上に

太陽はかがやき

ぢつと

農夫をながめてゐる

 

[やぶちゃん注:本篇は刊本詩集「穀粒」にはないので、彌生書房版全詩集版を用いた。]

« 朝かぜ   山村暮鳥 | トップページ | 此の眺望は生きてゐる   山村暮鳥 »