フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 朝   山村暮鳥 | トップページ | 大光明頌榮   山村暮鳥 »

2017/04/02

この鴉を見ろ   山村暮鳥

 

  この鴉を見ろ

 

とつぷりと日はくれて

しづまりかへつた此の大空

何處からともなく

あつまつてきた鴉の群

があがあなきながら

圓を描き

ぐるぐるとみだれめぐる

この鴉をみろ

人は人とてつかれた足をひねもすひきずり

そのゆくすゑさへも知らないのだ

それでも落窪んだその目に

お前達のすがたがうつると

それだけでもすぐに何にかを考へるのだ

ああ大空の鴉ら

空もまつ黑にみえるほどいつしよになつて

ぐるぐるめぐりながら

があがあなく

これが夕の挨拶であるか

かうしてお前達はけふ一日のことをたがひにかたらひ

また明日(あした)のために祝福しあつて

各自(てんで)のねぐらに歸るのか

何といふ立派なことだ

お前達の巣にもかはいい雛が待つてゐるであらう

はやくおかへり

ああ何といふ立派なことだ

 

[やぶちゃん注:知られる童謡「七つの子」(野口雨情(明治一五(一八八二)年~昭和二〇(一九四五)年:山村暮鳥より二つ年上)・作詞/本居長世(もとおりながよ)・作曲)の真似かいと思われる向きに対して述べおく。「七つの子」は児童文学雑誌『金の船』大正一〇(一九二一)年七月号に発表されたものである。「4」パート内にあるこの詩は、大正八・九年頃の作と編者によって注されてある。即ち、この編者推定が正しいとすれば、この詩篇は雨情の、かの「七つの子」よりも前に創作されたものなのである。但し、ウィキの「によれば、『この歌の元歌である「山烏」という詩が』、明治四〇(一九〇七)年頃に『作られており、その中でも「可愛(かわい)七つの、子があれば…」と書かれている』とあるから、或いは、雨情と交流があった暮鳥が、その元詩を読んでいた可能性も充分にある。因みに、雨情の故郷は茨城県多賀郡磯原町(現在の北茨城市)で、山村暮鳥が居た大貫の北北東五十五キロに当たる。]

« 朝   山村暮鳥 | トップページ | 大光明頌榮   山村暮鳥 »