フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 改版「風は草木にささやいた」異同検証 「Ⅳ」パート | トップページ | 甲子夜話卷之四 5 惠林寺の藏、信玄甲冑の事 »

2017/04/25

甲子夜話卷之四 4 甲州初て御手に入て神祖命令の事

 

4-4 甲州初て御手に入て神祖命令の事

甲州神祖の御手に入たる初に、令を出し給には、甲州の政は何事も信玄の致置候所に違ふ可からず。但毒箭を軍用に施し候こと計は、停止たるべしとなり。甲州の人民、立所に神祖の御厚德に伏し奉りしと云。いかさま合戰の勝負は武士の常なり。敵毒を以て人を苦しまするは武の道に非るべし。仰感も餘りある御事なり。

■やぶちゃんの呟き

「神祖」徳川家康。家康は天正一〇(一五八二)年の天正壬午(てんしょうじんご)の乱(甲斐・信濃・上野に於いて行われた主に徳川家康と北条氏直の戦い)後、国主不在(実効支配していた河尻秀隆は本能寺の変後に発生した旧武田領の各地で武田遺臣による国人一揆によって三井弥一郎に天正十年の六月十八日に殺害されていた)となっていた甲斐を支配下に置いた。

「政」「まつりごと」。

「信玄」武田信玄晴信(大永元(一五二一)年~元亀四(一五七三)年)。因みに、彼が父信虎を駿河に追放し、武田家第十九代として家督を相続して甲斐守護も継承したのは天文一〇(一五四一)年六月であった。信玄はさんざん家康を苦しめたが、それだけに戦国武将としての信玄の戦略や戦術は家康のメソッドに対して大きな影響を与えた敵将でもあった。

「但毒箭を軍用に施し候こと計は、停止たるべしとなり」「但(ただし)、毒箭(どくや)を軍用に施(ほどこ)し候(さふらふ)こと計(ばかり)は、停止(ちやうじ)たるべしとなり」。

「敵毒を以て人を苦しまするは」読み方がよく判らぬ。「敵」(かたき)とても「毒を以て人を苦しまするは」の意でとっておく。

「仰感」「ぎやうかん(ぎょうかん)」。仰いで君恩に感ずること。

 

« 改版「風は草木にささやいた」異同検証 「Ⅳ」パート | トップページ | 甲子夜話卷之四 5 惠林寺の藏、信玄甲冑の事 »