フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「火災の前兆」 | トップページ | いのちのみちを………   山村暮鳥 »

2017/04/02

或る日曜日の詩   山村暮鳥

 

  或る日曜日の詩

 

けふは何といふ日であらう

此の善い日曜日は

空はくもつてゐるけれど

自分達はうれしさに跳ね起きて

そして朝の聖餐を

高德なやさしい老宣教師からうけるために

町の寂しい教會をさしていそいだ

おお此の身を切るやうな冬の朝

老宣教師の異人さんの物悲しい火のやうな祈禱

キリストの肉と血

此のパンと葡萄酒

これをたべ

これをのみ

而して生きよ

土の中なるみみずのやうに

おおいまは全くみみずのやうだけれども

かくも天のめぐみに充ち溢れた自分だ

妻よ

きつとお前も此の貧しさを

大きな愛のしるしである此の人間のくるしみを

ようく感謝してきたらう

更に此等のくるしみが喜んで忍べるやう

ようくおいのりしてきたらう

こども等よ

お前達はいつもみつかひのやうであれ

空はいよいよ險惡になり

ぽつぽつ雨さへ落ちてきた

けれども妻よ

ひさしぶりで敬虔なお説教をきき

ひとびとと一しよに讚美歌をうたひ

どんなに淸淸(すがすが)しい氣持であるか

それから小さい蟇口から

生命(いのち)のやうな銅貨を二三枚

それが自分達の全財産だつた

それをつまみだして

みんなそれを

こつそり信施囊に投げこんだお前

そして今

教會の門をでるところだつた

そこへ自分が雨傘と足駄をかかへて驅けつけたのを見て

につこりしてくれたお前

おお健氣な妻よ

自分は泣いてなんかゐやしない

これは雨のしづくだ

 

[やぶちゃん注:太字は原典では傍点「ヽ」。

「信施囊」「しんせ(しんぜ)ぶくろ」は元は仏教用語で信者が仏・法・僧の三宝に捧げる布施 を指すが、ここはキリスト教で毎主日(主の日=日曜日)の礼拝に於ける教会への献金を「信施」と呼び、それを会衆が差し入れる袋(通常は会衆間で回される)のことを言っている。]

« 柴田宵曲 續妖異博物館 「火災の前兆」 | トップページ | いのちのみちを………   山村暮鳥 »