フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「想山著聞奇集 卷の參」 「七足の蛸、死人を掘取事」 | トップページ | 佐藤春夫 未定稿『病める薔薇 或は「田園の憂鬱」』(天佑社初版版)(その8) »

2017/05/03

改版「風は草木にささやいた」異同検証 「Ⅶ」パート

 

   Ⅶ

 

[やぶちゃん注:「自分はさみしく考へてゐる」は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「蝗」は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「愛の力」は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「人間の神」は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「秋のよろこびの詩」は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「草の葉つぱの詩」は異同なし。]

 

 

 

 或る風景

 

みろ

大暴風の蹶ちらした世界を

此のさつぱりした慘酷(むごた)らしさを

骸骨のやうになつた木のてつぺんにとまつて

きりきり百舌鳥(もず)がさけんでゐる

けろりとした小春日和

けろりとはれた此の蒼空よ

此のひろびろとした蒼空をあふいで耻ぢろ

大暴風が汝等のあたまの上を過ぐる時

汝等は何をしてゐた

その大暴風が汝等に呼びさまさうとしたのは何か

汝等はしらない

汝等の中にふかく睡つてゐるものを

そして汝等はおそれおののき兩手で耳をおさへてゐた

なんといふみぐるしさだ

人間であることをわすれてあつたか

人間であるからに恥ぢよと

けろりとはれ

あたらしく痛痛しいほどさつぱりとした蒼空

その下で汝等はもうあらしも何も打ちわすれて

ごろごろと地上に落ちて轉つてゐる果實(きのみ)

泥だらけの靑い果實をひろつてゐる

 

[やぶちゃん注:太字「あらし」は原典では傍点「ヽ」。初版或る風景の注で例外的に述べているが、ご覧の通り、初版の最終行「おお此の蒼空!」がカットされている私はアオリのコーダを欠いたこの改版版をよしとしない気持ちは今も変わらない。]

 

 

 

[やぶちゃん注:雪ふり蟲は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:冬近くは異同なし。]

 

[やぶちゃん注:蟋蟀は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:或る日の詩は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「或る日の詩」(前篇とは同名異篇)は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:記憶の樹木は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:は異同なし。]

 

 

 

 初冬の詩

 

そろそろ都會がうつくしくなる

人間の目が險しくなる

初冬

お前の手は熱く

やがで火のやうになるのだ

 

[やぶちゃん注:初冬の詩は、初版二行目の冒頭の「そして」がカットされ、四行目の冒頭の「いまに」がカットされ、最終行冒頭の「まるで」が「やがて」に変更されいる。この短い一篇の詩篇中でこれだけ改稿するというのは、山村暮鳥の、かなりの覚悟を持った確信犯と見なければならぬ。これについては私も、改版の方がモンタージュがくっきりとしてよくなっていると感ずる。]

 

 

 

[やぶちゃん注:路上所見は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:友におくるは異同なし。]

 

[やぶちゃん注:惡い風は異同なし。]

 

[やぶちゃん注:「雪の詩」は十二行目の「子ども等はうれしさに獅子のやうだ」の「獅子」が「けもの」となり、傍点「ヽ」が附されてある。]

 

« 「想山著聞奇集 卷の參」 「七足の蛸、死人を掘取事」 | トップページ | 佐藤春夫 未定稿『病める薔薇 或は「田園の憂鬱」』(天佑社初版版)(その8) »