フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 不思議に哀しい夢 | トップページ | 柴田宵曲 俳諧博物誌(9) 鯛 一 »

2017/11/25

和漢三才圖會第四十一 水禽類 味鳬(あぢがも)〔トモエガモ〕


Ajigamo

あちかも 【名義未詳】

味鳬

 

△按味鳬似鳬而小大於鸍頭青緑帶黄赤其觜脚共黑

 翅灰色胸黄赤色有小黑點腹明白背灰白有赤黑毛

 數百群飛肉味類鸍雌者頭灰色全體灰白有小黑點

  夫木 をちそむる氷をいかにいとふらん

     あちむら渡るすはの入り海西行

[やぶちゃん注:「をち」は原典のママ。訓読では訂した。]

 

 

あぢがも 【名義、未だ詳らかならず。】

味鳬

 

△按ずるに、味鳬、鳬〔(かも)〕に似て、小さく、鸍〔(こがも)〕より大〔なり〕。頭、青緑に黄赤を帶ぶ。其の觜・脚、共に黑し。翅、灰色。胸、黄赤色〔にして〕、小さき黑點、有り。腹、明白。背、灰白にして赤黑き毛、有り。數百、群飛〔する〕なり。肉味、鸍〔(こがも)〕に類す。雌は、頭、灰色、全體、灰白〔にして〕、小さき黑點、有り。

 「夫木」とちそむる氷をいかにいとふらん

      あぢむら渡るすはの入り海

                 西行

 

[やぶちゃん注:これは私が先行するカモ総論と言える「鳧(かも)〔カモ類〕」で、「蘆鳧(あし〔がも〕)」に類推比定したマガモ属トモエガモ Anas formosa のことではないか? 再掲すると、ウィキの「トモエガモ」によれば、日本へは越冬のために渡りをし、『体上面の羽衣は褐色』で、『嘴の色彩は黒い』。『オスの繁殖羽は頭部に黒、緑、黄色、白の巴状の斑紋が入り』、『和名の由来になっている』。種小名 formosa は「美しい」の意』でもある。『オスの非繁殖羽(エクリプス)は全身の羽衣が褐色で、眼から頬にかけ不明瞭な黒い筋模様が入る』。『メスは全身の羽衣が褐色で』、『黒褐色の斑紋が入』り、『嘴基部に』は『白い斑紋が入』って『喉が白い』とある。何より、良安は「肉味、鸍〔(こがも)〕に類す」と言っているが、何より、先の「鸍」で彼は「其の肉、美味〔なるは〕眞鳬〔(まがも)〕に減〔(おと)〕らず」と言っており、本種は『食用とされることもあった。またカモ類の中では最も美味であるとされる。そのため』、『古くはアジガモ(味鴨)や単にアジと呼称されることもあった』とあることとも一致するのである。なお、『アジガモが転じて鴨が多く越冬する滋賀県塩津あたりのことを指す枕詞「あじかま」が出来た』とあるから、この「あじがも」の呼称は存外、古いことが知れるのである(太字下線やぶちゃん)。

 

「とちそむる氷をいかにいとふらんあぢむら渡るすはの入り海」初句は「夫木和歌抄」の表記に訂した。「巻廿三 雑五」に西行の歌として載る。これは岩波文庫版「山家集」の「補遺」に「夫木抄」所載として、

 

 とぢそむる氷をいかにいとふらむあぢ群渡る諏訪のみづうみ

 

で出、諸注はこの「あぢ」をトモエガモに比定している。]

« 不思議に哀しい夢 | トップページ | 柴田宵曲 俳諧博物誌(9) 鯛 一 »