フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩 孤島の鬼(25) 諸戸道雄の告白 | トップページ | 江戸川乱歩 孤島の鬼(27) 岩屋島 »

2017/11/13

江戸川乱歩 孤島の鬼(26) 悪魔の正体

 

   悪魔の正体

 

 諸戸はさらに語りつづけた。私は蒸し暑い日であったのと、異様な興奮のために、全身ビッショリと、あぶら汗を流していた。

「君、いま僕がどんな変てこな気持でいるか、想像できるかい。この僕の父親がね、殺人犯人かもしれないのだ。それも二重三重の殺人鬼なんだ。ハハハハハ、こんな変てこなことって世の中にあるものかね」

 諸戸は、気ちがいみたいな笑い方をした。

「だって、僕にはまだよくわからないのですが、それは君の想像にすぎないかもしれませんよ」

 私はなぐさめる意味でなく、諸戸のいうことを信じかねた。

「想像は想像だけれど、ほかに考えようがないのだ。僕の父はなぜ僕と初代さんを結婚させようとしたのだろう。それは初代さんのものが、夫である僕のものになるからだ。つまり例の系図帳が我が子のものになるからだ。そればかりではない、もっと邪推することができる。父は系図帳の表紙裏の暗号文を手に入れるだけでは満足しなかったのだ。もしあの暗号文が財宝のありかを示すものだとしたら、それだけを手に入れたところで、ほんとうの所有者である初代さんはまだ生きているのだから、どんなことでそれがわかって、取り戻されないものでもない。そこで、僕と初代さんとを結婚させれば、そんな心配がなくなってしまう。財宝も、その所有権も父の家のものになる。僕の父はそんなふうに考えたのではないだろうか。あの熱心な求婚運動は、そうとでも考えるほかに、解釈のくだしようがないじゃないか」

「でも、初代さんが、そんな暗号を持っていることが、どうしてわかったのでしょう」

「それはまだ、僕らにわかっていない部分だ。だが、初代さんの記憶にあった例の海岸の景色から想像すると、僕の家と初代さんとは、何かの因縁で結ばれていることは確かだ。もしかしたら、僕の父は小さいころの初代さんを知っているのだ。それが、初代さんは三つのときに大阪で捨てられたので、多分父にも、最近までは行方がわからないでいたのだろう。と考えると、初代さんが暗号文を持っていることを、父が知っていたとしても、少しも不合理ではない。

 まあ聞きたまえ。それから、あらゆる手段をつくして求婚運動を試みた。けれども母親を口説き落とすことはできても、初代さんを承知させることは不可能だった。初代さんは君に身も心も捧げつくしていたからだ。それがわかると、間もなく、初代さんは殺された。同時に手提げ袋が盗まれた。なぜだろう。手提げ袋の中に何かほかの大切なものがはいっていただろうか。一カ月分の給料を盗むために、誰があんな手数のかかる方法で殺人罪など犯すものか。目的は系図帳にあったのだ。その中に隠された暗号文にあったのだ。同時に、求婚運動が失敗したからには、後日の禍(わざわい)の種である初代さんをなきものにしようと、深くも企らんだ犯罪なのだ」

 聞くに従って、私は諸戸の解釈を信じないわけにはいかなかった。そして、そのような父を持った諸戸の心持を想像すると、なんと慰めてよいのか、口を利くさえ憚(はば)かられた。

 諸戸は熱病患者のように、無我夢中にしゃべりつづけた。

「深山木氏を殺したのも、同じ悪業の延長だ。深山木氏は恐るべき探偵的才能の持ち主だ。その名探偵が系図帳を手に入れたばかりか、わざわざ紀州の端の一孤島まで出掛けて行った。もう捨てておけない。探偵の進行を妨げるためにも、系図帳を手に入れるためにも、深山木氏を生かしておけない。犯人は(ああ、それは僕の父親のことだ)当然こんなふうに考えたにちがいない。そこで、深山木氏が一たん鎌倉に引き上げるのを待って、初代さんの場合と同じ、まことに巧妙な手段によって、白昼群衆のまっただ中で、第二の殺人罪を犯したのだ。なぜ島にいるあいだに殺さなかったか。それは父が東京にいたからだ、とは考えられないだろうか。蓑浦君、僕の父はね、僕にちっとも知らさないで、このあいだから、ずっとこの東京のどこかの隅に隠れているのかもしれないのだよ」

 諸戸は、そういったかと思うと、ふと気がついたように、窓のそばへ立って行って、そとの植込みを見廻した。つい眼の先の繁みの蔭に、彼の父親がうずくまってでもいるかのように。だが、どんよりと薄曇った真夏の庭には、木の葉一枚微動するものはなく、物音も、いつもやかましく鳴きつづける蟬の声さえも、死に絶えたように静まり返っていた。

「どうして僕がそんなことを考えるかというとね」諸戸は席に戻りながらつづけた。「ほら、友之助の殺された晩ね、君がここへくる道で腰の曲った無気味な爺さんに会ったといった。しかも、その爺さんが僕の家の門内へはいったといった。だから、友之助を殺したのはその老人かもしれないのだ。僕の父はもうずいぶんの年だから、腰も曲っているかもしれない。そうでなくても、ひどい佝僂だから、歩いていると、君がいったように、八十くらいの老人に見えるかもしれない。その老人があれだとすると、僕の父は初代さんの家の前をうろうろした時分から、ずっと東京にいたと考えることもできるじゃないか」

 諸戸は、救いを求めでもするように、眼をキョトキョトさせて、ふと押しだまってしまった。私も、いうべきことが非常にたくさんあるようでいて、つい口をきる言葉が見いだせず、ムッツリとだまりこんでいた。長い沈黙がつづいた。

「僕は決心をした」

 やっとしてから、諸戸が低い声でいった。

「ゆうべ一と晩考えてきめたのだ。僕は十何年ぶりで、一度国へ帰ってみようと思う。国というのは和歌山県の南端のKという船着場から、五里ほど西へ寄った海岸にある俗に岩屋島という、ろくろく人も住んでいない荒れ果てた小島で、これがかつては初代さんが住み、現にあの怪しい双生児の監禁されている孤島なのだ。伝説によれば、そこは昔、八幡船の海賊どもの根拠地であったそうだ。僕が、暗号文が財宝の隠し場所を示すものではないかと疑ったのも、そういう伝説があるからだよ。そこは父母の家ではあるけれど、実のところ、僕は二度と帰るまいと思っていた。廃墟みたいな薄暗い屋敷を想像しただけでも、なんともいえぬ寂しいような、怖いような、いやあな、いやあな感じがする。だが、僕はそこへ帰ろうと思うのだ」

[やぶちゃん注:「和歌山県の南端のKという船着場」直ちに、和歌山県東牟婁郡串本が想起はされる。

「五里ほど西へ寄った海岸にある俗に岩屋島という、ろくろく人も住んでいない荒れ果てた小島」無論、架空の島で、串本港から実測で海辺に沿って熊野街道を行くと、約二十キロメートル西位置は現在の西牟婁郡すさみ町里野(さとの)という附近に相当するが、それらしい島はこの辺りには全くない。ところが、たまたま最初、誤まって東に二十キロメートルを実測してみたところが、同距離の和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浦神に、景勝地として「岩屋崎」という岩礁性海岸の地名を見出せた。ここ(グーグル・マップ・データ)。或いは、ここを東西を変更して地名(架空の島名)のモデルとして用いたものかも知れない。何故かと言うと、島はないのであるが、ここは南西に貫入した玉ノ浦という深い入り江になっており、グーグル・ストリートでこの附近を見ると、その浦を隔てた向う側の半島が、この岩屋崎から眺めると牛が横たわったと言ってもそうおかしくはなく見えるからである。無論、ただの偶然かも知れぬ。このおぞましい猟奇的小説のモデル地とされるのは凡そ有り難くはあるまいから、あくまで参考までに言い添えたに過ぎない。

「八幡船の海賊ども」乱歩は「八幡船」にルビを振っていないので、近世初期に冥い現在の多くの一般的読者(私もその一人)は「やはたぶね」「はちまんぶね」等と読んでしまうのであるが、これは「ばはんせん」と読むのが正しい。平凡社「世界大百科事典」によれば、戦国時代から安土桃山時代にかけての用例では「八幡(ばはん)」という語は「海賊行為」を意味し、江戸時代中期以後には「密貿易」を意味する言葉となったという。「八幡の他、「八番」「奪販」「発販」「番舶」「破帆」「破幡」「波発」「白波」彭亨」などの文字も当てられているとあり、「日葡辞書」は「Bafã」と記してあって、元の語源は外国語であるとする意見が有力であるとある。ただ、江戸中期に書かれた「南海通記」には「倭寇(わこう)」が八幡宮の幟(のぼり)を立てていたので「八幡船」と呼ばれたと書いたところから、「ばはん船」は「八幡船」であって「倭寇の異名」である、とする誤った考えが広く流布するようになったらしい。ここでは海賊は後の展開で重要なファクターであるから、言い添えておくと、言わずもがな、この附近はまさに平安末期から治承・寿永の源平の乱で活躍した「熊野水軍」が拠点とした場所である。ウィキの「熊野水軍によれば、『豊富な船材と良港に恵まれながらも、耕作地に乏しい熊野には海を舞台に活躍する水軍が早くから発達した。紀淡海峡など四国と紀伊半島の間に出没した南海海賊の多くは熊野の浦々を拠点とする海の領主で、彼らを熊野別当が統括していた。熊野別当には源氏とつながりを持つ新宮別当家と、平氏とつながりをもつ田辺別当家という二つの有力な家があり、源平双方と関わっていた。乱の最終決戦である壇ノ浦の戦いでは平氏方であった湛増が源氏方に付き、源氏を勝利に導いた。将のひとりに熊野の藤白鈴木氏があり、鈴木重家・重善は源平合戦で当水軍を率い源氏に貢献した。重家はその後も源義経に従って衣川で義経とともに討死した』が、その後も彼らの末裔は活動を止めず、『戦国時代には堀内氏が統治していた』とある。]

 諸戸は重々しい決心の色を浮かべていた。

「今の僕の心持では、そうするほかに道がないのだ。この恐ろしい疑いをいだいたまま、じっとしていることは一日だってできない。僕は父親が島へ帰るのを待って、いや、もうとっくに帰っているかもしれないが、父親と会って一か八(ばち)かきめたいのだ。だが、考えても恐ろしい。もし僕の想像が当たって、父があの兇悪無残な犯人であったら。ああ、僕はどうすればいいのだ。僕は人殺しの子と生れ、人殺しに育てられ、人殺しの金で勉強し、人殺しに建ててもらった家に住んでいるのだ。そうだ、父が犯人ときまったら、僕は自首して出ることを勧めるのだ。どんなことがあったって、父親に打ち勝ってみせる。もしそれがだめだったら、すべてを滅ぼすのだ。悪業の血を絶やすのだ。佝僂の父親と刺し違えて死んでしまえばことがすむのだ。

 だが、その前に、しておかねばならぬことがある。系図帳の正統な持ち主を探すことだ。系図帳の暗号文では、三人もの命が失われているのだから、おそらく莫大な値打があるにちがいない。それを初代さんの血族に手渡す義務がある。父の罪亡ぼしのためだけにでも、僕は初代さんのほんとうの血族を探し出して、幸福にしてあげる責任を感じる。それも、一度岩屋島へ帰れば、なんとか手掛りが得られぬこともなかろう。いずれにせよ、僕はあすにも、東京を立つ決心なのだ。蓑浦君、君はどう思う。僕は少し興奮しすぎているかもしれない。局外者の冷静な頭で、この僕の考えを判断してはくれないだろうか」

 諸戸は私を「冷静な局外者」といったが、どうしてどうして冷静どころではなかった。神経の弱い私は、むしろ諸戸よりも興奮していたくらいである。

 私は諸戸の異様な告白を聞いているうちに、一方では彼に同情しながらも、だんだんと正体を現わしてきた初代の敵に、しばらく余事にまぎれて忘れていた恋人の痛ましい最期を、まざまざと思い浮かべ、世界中でたった一つのものを奪われた恨みが、焰となって心中に渦巻いていた。

 私は初代の骨上げの日、焼き場のそばの野原で、初代の灰を啖(くら)い、ころげ廻って復讐を誓ったことを、まだ忘れてはいなかった。もし諸戸の推察通り、彼の父親が真犯人であったとしたら、私は、私が味わっただけの、身も世もあらぬ嘆きを、やつにも味わせた上で、やつの肉を啖(くら)い骨をえぐらねば気がすまないのだ。

 考えてみると、殺人犯人を父親に待った諸戸も因果であったが、恋人のかたきが親しい友だちの父親だとわかり、しかも、その友だちは私に親友以上の愛着と好意をよせている、この私の立場も実に異様なものであった。

「僕もいっしょにつれて行ってください。会社なんかくびになったってちっとも構やしない。旅費はなんとでもして都合しますから、つれて行ってください」

 私は咄嵯(とっさ)に思い立って叫んだ。

「じゃぁ、君も僕の考えは間違っていないと思うのだね。だが、君はなんのために行こうというの?」

 諸戸は、わが身にかまけて、私の心持など推察する余裕は少しもなかった。

「あなたと同じ理由です。初代さんのかたきを確かめるためです。それから、初代さんの身内を探し出して系図帳を渡すためです」

「それで、もし初代さんの敵が僕の父親だとわかったら君はどうするつもり?」

 この質問に、私はハッと当惑した。だが、私は噓をいうのはいやだ。思いきって、ほんとうの心持を打ちあけた。

「そうなれば、あなたともお別れです。そして……

「古風な復讐がしたいとでもいうの?」

「ハッキリ考えているわけじゃないけれど、僕の今の心持は、そいつの肉を啖(くら)ってもあきたりないのです」

 諸戸はそれを聞くと、だまりこんで、怖い眼でじっと私を見つめていたが、ふっと表情がやわらぐと、突然、ほがらかな調子になっていった。

「そうだ、いっしょに行こう。僕の想像が当たっているとすると、僕は君にとっていわばかたきの子だし、そうでなくても、人かけものかわからないような僕の家族を見られるのは実に恥かしいけれど、もし君が許してくれるなら、僕は父や母に対して肉親の愛なんて少しも感じないのみか、かえって憎悪をいだいているくらいなのだから、いざとなれば、君の愛した初代さんのためなら、肉親はおろか、僕自身の命をかけても惜しくは思わぬ。蓑浦君、一緒に行こう。そして、力を合わせて、島の秘密を探ろうよ」

 諸戸はそういって、眼をパチパチさせたかと思うと、ぎこちない仕草で私の手を握り、昔の「義を結ぶ」といった感じで、手先に力を入れながら、子供のように眼の縁を赤らめたのである。

 さて、かようにして、私たちは、いよいよ諸戸の故郷である紀州の端の一孤島へと旅立つことになったのだが、ここでちょっと書き添えておかねばならぬことがある。

 諸戸が父親を憎む気持には、そのときは口に出していわなかったけれど、あとになって思い合わせると、もっともっと深い意味があったのだ。それはいかなる犯罪にもまして恐るべく憎むべき事柄だった。人間ではなくてけだものの、この世ではなくて地獄でしか想像できないような、悪鬼の所業だった。諸戸はさすがにその点に触れることを恐れたのである。

 だが、私の弱い心は、そのとき、三重の人殺しという血なまぐさい事実だけで、ヘトヘトに疲れ果てて、それ以上の悪業を考える余地がなかったのか、これまでのすべての事情を綜合すれば、当然悟らねばならぬそのことを、不思議と、少しも気づかなかったのである。

« 江戸川乱歩 孤島の鬼(25) 諸戸道雄の告白 | トップページ | 江戸川乱歩 孤島の鬼(27) 岩屋島 »