フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 風景・人物   原民喜 | トップページ | 睡蓮   原民喜 »

2017/12/23

猿   原民喜

 

[やぶちゃん注:昭和二一(一九四六)年十一・十二月号『近代文学』初出。但し、作品内時制の前半はその十年前に始まる。だから、原民喜の妻貞恵が生きている(貞恵は昭和一九(一九四四)年九月に糖尿病と肺結核のために亡くなった)。

 底本は一九七八年青土社刊原民喜全集「」の「エッセイ集」に拠った。歴史的仮名遣を用いており、拗音表記もないので、彼の原稿を電子化してきた経験から、漢字を恣意的に正字化した。傍点「ヽ」は太字に代えた。

 「三匹の猿のポスター」捜して見たが、見当たらない。銃後の防諜警戒を促すポスターか。

 『シチエイドリンの「大人のための童話」』ロシアの風刺作家で保守勢力から激しい批判を受けたハイル・エヴグラフォーヴィチ・サルトィコフ=シチェドリン(Михаил Евграфович Салтыков-Щедрин:ラテン文字転写:Mikhail Yevgrafovich Saltykov-Shchedrin 一八二六年~一八八九年)の作品集。「大人の爲の童話」という邦題で大沢伸夫訳が昭和一七(一九四二)年に弘文堂から出版されているから、或いは、原民喜はそれを読んだか。無論、それ以前の英重訳かも知れぬ。私は未読。

 本篇は現在、ネット上には電子化されていないものと思う。【2017年12月23日 藪野直史】]

 

 

 

 

 ちようど今から十年まへのことであるが、ある夜、私は日本橋小傳馬町にKといふ先輩を訪れた。驚いたことに、その人は猿を飼つてゐるのであつた。それもただの飼ひ方ではなく、猿と非常な仲よしになつてゐるのだつた。そのKといふ家のすぐ隣が、小鳥や犬などを賣る店で、その軒さきに一匹の猿が繫いであつたのを、Kさんが屈んで時折、眺めてゐるうち、いつの間にか猿の方でKさんを慕ひだしたので、たうとう家にひき取つて飼ふことにしたのだといふことだ。

「一杯飮め」と、壁のところに控へてゐる猿の方を、しみじみと眺めながら、Kさんは酒盃をさしむける。すると相手はテーブル近く猿臂を伸して、その盃をうけとる。私はどうも、少し不安であつた。いい加減、醉ぱらつたKさんは更に私を和泉橋のおでん屋に連れて行き、「僞り多き人の世に、僞り少なきは親子の情であるが、あの猿はこの己をさながら親の如く慕つてくれる」などと、そこで、感傷するのであつた。恰度その頃、Kさんは母親と死別した打擊もあつたのだらうが、やはり何か滅入るやうな世相の不安が、KさんにはKさんであつたのであらう。

 猿に面喰らつた私は、その後ふと、突飛な話を思ひついた。

 ある人が、一匹の猿を故に入れて飼つてゐるうち、猿がだんだん、その人間をあはれむやうな眼つきで眺めだす。どうもその猿の目つきが氣になりながら、その人は何となく氣が沈んでくるし、時々、矢鱈にもの狂ほしくなる。ところが、ある日、突然、何かのはずみで氣がつくと、自分の周圍がすべて猿になつてゐる。ビルの窓から覗く顏も猿だし、車掌臺に立つて電車を運轉してゐるのも猿だ。街のポスターには、三匹の猿の繪が麗々しく掲げられ、見ざる聞かざる物いは猿とある。

 かういふ作品を書かうと思ふのだが、と妻に相談すると、

「ついでに、そのお猿の國では、お猿の恰好をした大砲の彈が、づしんづしん空高く飛んでゆくことにしたら」

と、私の妻はまぜつかへすのであつた。結局、その作品は仕上げなかつたが、それから五年ばかしすると、悲しいことには、ほんとうに、その猿のポスターを巷に見かけるやうになつた。それは昭和十六年の春のことだが、丸ビルの喫茶店の壁に、見ざる聞かざるものいはざるの三匹の猿のポスターを見て、私ははつとしたものだつた。

 その後、私は久しくKさんに御無沙汰してゐたし、Kさんの飼つてゐた猿はどうなつたのか、遂に訊く機會もなかつた。私が最後にKさんの家を訪れたのは昭和十九年の暮で、空襲警報が出たりして、それは落着かない午後であつた。猿はもうゐなかつた。鐵兜をかむつたKさんは日本刀をとり出し、「なあに、落着かなきやいかん」と頻りに云つてゐた。

 先日、私は神田驛で下車すると、小傳馬町の方へぶらぶら步いて行つてみた。すると、あの邊は燒けないで無事に殘つてゐるのを、はじめて知つた。さてはKさんとも久振りで逢へるかしら、とわくわくしながら、私はその家の前に立つた。が、その家には今はほかの人が棲んでゐた。そのかはりKさんの疎開先や消息がわかつた。Kさんは那須野の一角で今も(今は今で)相変らず人の世の腐敗を嘆じながら、俳句など作つてゐるといふ。

 以前読んだシチエイドリンの「大人のための童話」のなかには、なかなか骨を刺すやうなものがあつたと私は記憶する。われわれをとりまく今日のさまざまな現象も、何かあんな風な形式で小気味よく纏まらないものだらうか。

« 風景・人物   原民喜 | トップページ | 睡蓮   原民喜 »