フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 秋旻 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 顏の椿事 »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 白い呼吸

 

 白い呼吸

 

 おでん屋の隅で、ビヤー・ホールの卓上で、或ひは喫茶店のボツクスで屢々繰り返される極くありふれた會話の一形式がある。

 どうも時代が代つてしまひましたな。今の若い連中なんか何だかまるで僕達には見當がつかない。それにつけても僕達が若い頃は何と云つても惠まれてましたね。――さう云つて、四十代の男が二人盃で友情を溫めながら夜を更かしてゐる。

 どうも僕達だけが惱み通したのだね。今の若い連中なんか僕達よりかずつとガツチリしてる。それだけ時代が變つて來たのだね。結局中途半で路頭に迷ふのは僕達なのだね。――三十代の男が二人ストーブで火照つた顏をあげて、ジヨツキを傾け合ふ。

 どうも僕達の時代も終りだな。今の中學生なんかまるでもう僕達とは違ふ。それかと云つて親爺連中の云ふことなんか間拔けだと思ふのだが、僕達も結局終には間拔けになるのかね。――さう云つて、二十代の男が二人コーヒーのなくなつた茶碗を何時までも凝視してゐる。

 

 夜更けのプラツト・ホームで終電車を待つてゐる二人の少女がある。彼女達は一刻もぢつとしてゐることなく、絶えず巫山戲ながら男達の口眞似をしてゐる。

 ――どうも時代が變りましたな、僕たちは エヘン!

 ――僕達が間拔けで、今の若い連中なんか、その……

 こましやくれた唇から迸る言葉は直ぐに白い呼吸になる。やがて電車が着くと二人はゴム鞠(まり)のやうに飛んで行つた。

 

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 秋旻 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 顏の椿事 »